どうも! てこと申します。

「どうしてもこれだけは見てほしい! ほんと、おススメだから」と人に押し付けたくなるほどハマった作品ってありますか? 私は結構あります(笑) 今回はその中でも厳選した3つを圧強めで紹介していきたいと思います^^

※配信サイトの情報は古い場合がありますので、事前に確認してください

スポンサーリンク

1.人生を豊かにしてくれるサプリメント:ARIA

作品の雰囲気は動画をご覧ください。劇場公開された「ARIA the AVVENIRE」の予告編です。

 

ARIAの見どころは何か。それは「見習い3人がウンディーネとして、人間として一人前になっていく姿」だと私は思っています。

公式が”未来系ヒーリングアニメーション”と謳っているので、「あぁ日常系のゆるい感じのやつなんでしょ?」なんて氷山の一角たる情報だけでスルーしている人がちょこちょこいるのですが、非常に勿体ない。

かなり本気の夢追い系物語です。

全員が一人前のウンディーネである”プリマ”になれるわけではないのです。そんな世界で、見習い3人が一緒に練習したり、不安と戦ったり、先輩から学んだりしながら少しずつ成長していくわけなんですが、その描き方が非常に素晴らしい( ;∀;)

真剣だからこそ出てくる行動や言葉に、見ているコチラまで気づかされるし元気をもらえる。

このアニメのおかげで私は視野が広がったし、人生の捉え方も少し変わりました。こんなに力のある作品にはめったに出会えないと本気で私は思っている。多少強引に押し付けてでも見せてあげたい。絶対に損はしないですと声を大にして言いたい! それくらい大好きな作品です(笑)

漫画というか、完全版も全部買いましたよ~。原作では最後のセレモニー描かれてないんですよねー。アニメであそこ作った方たち本当にグッジョブだと思いますわ。Aパートでの演出を憎いくらいにBパートに活かしつつ、牧野由依さんの横顔との相乗効果でもう、嬉しいやら寂しいやら、しっちゃかめっちゃでした( ;∀;)

2.これぞまさに人生:CLANNAD

CLANNADがきっかけで私はアニメを観るようになりました。私はまさにこの作品に人生を変えられたといっても過言ではない(笑)

これはありとあらゆる”絆”について描かれた物語です。友情、恋愛、教師と生徒、親と子供、人と街。CLANNADを観ていると、生きていく中で自分が知らない間に置き去りにしてきたものを思い出せるんですよね( ;∀;) 今はその日その日を生き抜くことで精いっぱいなんだよなァ・・・。

あとは朋也がいつまで経っても青臭いのがいいのかな。全力でぶつかってるからこそ、心の動きがすごく胸に刺さる。AFTER STORYの花畑のシーンは涙なしには見れませんね( ;∀;)

KEY作品のお家芸とも言える変な飲食物は健在です(笑) あとは独特のギャグも見どころですね(笑) 春原関連の話は笑いが絶えませんわw

CLANNADの唯一のネックはBlu-rayが高すぎること。しかしコンパクトコレクションが出てくれたおかげでようやく私でも買うことができました( ;∀;)

ちなみに私はアニメから入ったタイプなんですけど、そのあとで原作ゲームもPSPでゲームもクリアしました。ボリュームありすぎて途中で何回も挫折して全部クリアするのに3年かかりましたw

3.人生賭けて仕事に打ち込む大人たちを見よ:SHIROBAKO

観てるとクズみたいな大人ばっかり出てきます(笑) だが、全員内に熱いものを秘めているんですよォォオオ!!

クリエイターの熱意とか魂がこれでもか!ってほど詰まってます。ほんと、心を揺さぶられるなァ( ;∀;)

動画の通り、アニメーション制作の現場のリアルにかなり迫った構成になっており、その影響もあって登場人物がかなり多いです。1クール目の前半は登場人物と仕事内容を紹介しながらストーリーが進んでいくので、もしかしたら観ていて退屈だったり、人の多さに混乱するかもしれません^^;

ですが登場人物については最初は毎回名札を出してくれるので心配無用ですし、ストーリーが動き出した瞬間の物語への吸引力がすごいので是非とも見続けていただきたいものです。

人生変えるアニメ/SHIROBAKO/杉江さん

杉江さん

個人的な見どころしては、後半からの杉江さんの生ける伝説感ですね。ただものじゃあねぇ。名言しか吐かない。杉江さんのお言葉を聞くためだけに視聴しても良いレベルです。

Blu-rayBOXの特典に作中で制作していたアニメの1話がついてるんですよ。観てて普通に面白そうだったので買いたかったんですけどね。買えなかったな・・・。友人は買って観たようで「『えくそだすっ!』普通に面白かった」って言ってましたね。うらやましい。

スピンオフでアニメの前日譚が漫画になっているので興味のある方はこちらもぜひ^^

おわりに:名作アニメは色褪せない

今回紹介した3作品はかなり厳選してみました。私なりの吟醸アニメです。

ですがよくよく見てみると、2017年に「自分が今まで見たアニメの中でよかったものベスト50を作ろう!」なんて考えてブログ記事にしてみたことがあったのですが、その時の1位~3位をもう一度ここで紹介した形になりました^^;

ここに挙げた3つ以外の候補も「たまゆら」とか「あの花」だったので結局当時のランキング上位ばかりという(笑)

やはり自分の中で強く輝いてるアニメは、恐らく色褪せることはないんでしょうね(´∀`)

しかし、また新たな出会いもあるかもしれない! そうなったときはまたここで紹介したいと思います!

ここまで読んでくださってありがとうございました^^

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事