またまた山奥の廃村に行ってきました。

廃墟探訪/茶平/道中
廃墟探訪/茶平/道中②

例によって道中は。そしてそれでもやっぱり電線や舗装路はある。

熊とか蜂とかマダニがちょっと心配でしたけど、どれにも遭遇しなかったのでよかった( ˘ω˘ )

でもそんな場所に日常的に住んでいた人がいるなんて人間て本当に逞しいと思う。。。

スポンサーリンク

廃村の前に廃車がお出迎え

廃墟探訪/茶平/廃車

乗っていくかい・・・?

写真の奥は崖になっています。

廃墟探訪/茶平/廃車2
廃墟探訪/茶平/廃車3

まるでゴミ箱のように捨てられた車・・・。いつまでここにい続けるのだろうか・・・。

廃村から垣間見える生活の名残

廃墟探訪/茶平/家屋
廃墟探訪/茶平/家屋2
廃墟探訪/茶平/だるま
廃墟探訪/茶平/三輪車
廃墟探訪/茶平/洗濯機
廃墟探訪/茶平/テレビ
廃墟探訪/茶平/色鉛筆

内装は壊れているところが多かったのですが、家屋の数が多く、家具がそのままになっている家もあり、日常にあるものが時間に洗われた結果どうなるかを見ることができました。

家屋はどこも大抵2階建ての小さな土間と居住スペースだけの作りになっていました。風呂とかトイレはどうしていたんだ・・・^^;

やはり生活の不便さから廃村になったもよう・・・

林業の技術自体も発達したんでしょうね。わざわざ山奥に住まなくてもよくなったのかもしれない。

その他の写真もどうぞ。アルバム表示にしているのでスライドさせてください。

まぁこの土地は高齢になってくると厳しいだろうな^^; 尾道よりキツイ。

おわりに

今回は建物も多く範囲も広かったので写真も多めになりました。

こういう場所を訪れると私の場合、死を想起させられます。メメント・モリって言うんでしたっけね。

家でも建物でも、どんなに頑強なものでもいつかは風化していくのがこの世の摂理。

深い。深いですなァ( ˘ω˘ ) と勝手に思っています(笑)

ここまで読んでくださってありがとうございました^^

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事