一段と冷え込みが増してきましたが、いかがお過ごしでしょうか(^^)

寒いのはツライですけど、せっかくなら元気で楽しく過ごしたいもの。

そこで今回はこの時期に起こりやすい"乾燥"でのトラブルに焦点をあてて、風邪インフルエンザ対策にもなる喉の加湿・保温方法をご紹介します!

スポンサーリンク

1.喉を加湿する理由とは

私たちの喉には粘膜が存在し、普段はそこから出る粘液が病原菌や刺激物から私たちの身体を守ってくれています。

しかし身体の水分量が減ったり、空気の乾燥などの影響により粘液が粘っこくなったり乾燥してくると、十分なバリア機能を発揮することができず、粘膜が傷つきやすくなります。

喉の加湿・保湿1

1.うるおい、それはバリア機能

喉の加湿・保湿2

2.脱水、乾燥でバリア機能が落ちると・・・

喉の加湿・保湿3

3.ウイルス等に付け入る隙を与えてしまうッ!

傷ついた粘膜が炎症を起こしたり、感染をおこすことで、咳や喉の痛み、風邪症状を引き起こしてしまいます。

 

冬場は特に空気が乾燥するので、喉も乾燥し痛めやすくなります。そのため加湿を行ってやることで、それらを予防していこうとわけです。

2.喉の加湿に有効な方法・8選!

それではさっそく喉の保湿・加湿に役立つグッズを紹介します(^^♪

①マスク

夜、口を開けて寝てしまう人なんかはマスクを付けて眠るのがおススメです。安いやつで構いません。人間には"鼻"という天然の加湿器が備わっているのですが、寝ているときに口で呼吸をしてしまっいる人なんかではうまく機能しません。

呼気を吸うことで出した湿気を再吸収します。すなわち保湿目的のマスクです。でも最近は"濡れマスク"なんてのもあるみたいで、こういうのは加湿にもつかえそうですね。

②テープ固定 ※テープ被れに注意

マスクの欄で鼻は天然の加湿器だとご紹介しました。なので口をテープで止めて開かないようにし、無理やり鼻で呼吸すればいいのですッ!

まぁ大抵、朝には剥がれてますがねェ......(;´∀`)

てか、こんなものまで商品化されてることに驚きましたわ・・・。でもどうせ剥がれるなら優肌絆とか買った方が安い気もします。

※テープで被れやすい人は実践する前に腕とか目立たないところに1日貼って、被れないことを確かめてから実践してください。

※今まで聞いたことはありませんが、剥がれるからと言ってベタベタ貼りすぎると、鼻づまりがあるときなんかは酸欠になるかもしれないので念のため気を付けてください(;^ω^)

③マスクにもなるネックウォーマー

私は最近コレにハマってます。

私自身口呼吸なので寝るときのマスクは必須だったんですけど、寒くなっきて喉が冷えると今後は咳も出るようになってきたんです^^;

そんな折、口も喉もカバーできる商品があるのを知って試してみたら、これがうまくハマりましてね。かなり楽になりました(*´ω`)

ちなみに私はこれと併せて2重構造にしてます(笑)

スキマだらけで大丈夫かな? ってちょっと心配だったんで保険で安価なものと併せて2つ購入したんですけど、むしろぐんまちゃんのやつの方が温かいですね。さすが。ぐんまちゃん(∩´∀`)∩

④安い加湿グッズ

ここからは部屋自体を加湿していく感じのものを紹介していきます。

作りは少し落ちますけど、こういうの100均でも売ってますよね(^^)

寝るときに頭の周囲に置いておけば多少の加湿にはなるでしょう。ただ、寝相が悪い方はこぼさないか心配ですね(;^ω^)

⑤洗濯物を干す(室内干し)

喉の加湿・保湿4

これも簡単で非常にいい手です。

毎日洗濯はしないかもしれないですけど、濡らしたバスタオルを頭の近くに干しておけば、案外しっかり加湿してくれます。

難点を挙げるとすれば、暖房を使うと一晩持たずに乾く可能性があるということですかね(;´Д`)

⑥加湿器

加湿器は部屋全体加湿できるので便利です。しかし、他の加湿方法に比べると多少値が張るのと、手入れが面倒です^^;

加湿器使っても風邪ひくときは風邪ひきますしね(笑) でも最近のはアロマオイルを入れたりできるやつもあるので、ただ加湿するだけでなく、+αを求めて選んでみてもいいかもしれませんね^^

※部屋全体を加湿する場合は湿度50~60%を目安にしてください。20~30%台は少ないですし、60%以上は多いです。

超音波タイプ

この小ささで10畳ってすごいですね......!アロマ機能付きだったり、光の色も変えられるのでインテリアとしてもよさそう。

加温タイプ

加温タイプは噴射される蒸気が暖かくていいんですけど、”やけど”にはくれぐれも注意してください。また、商品や室内環境によっては床がびしょ濡れになる可能性もあります。ご注意を。

⑦飴

唾液も喉の加湿に重要な役割を果たしています。冬場は飴をいくつか持っておいてもいいかもしれません。糖分の摂りすぎが気になる方はノンシュガーの飴を選択するといいと思います。糖尿病がある方はお医者さんと相談してください(^^)

⑧水分補給

粘膜が粘膜やら唾液やらを分泌するにも、身体が潤っていないことには罷り通りません。お茶や白湯でも構いませんが、脱水・乾燥対策というところで、当ブログではスポーツドリンクを推させていただきます。

ポカリスエットを選んだのはイオンウォーターという、カロリー控えめな商品もあるからです。

まぁでも、そもそもポカリスエットやイオンウォーター自体スポーツドリンクの中では高価な部類だと私は思ってます。なので、実際に飲むのはもっと安いスポーツドリンクでも構いません。

3.ツライ鼻づまりは加温・加湿で応急処置!

生きていれば『鼻づまりが酷くて如何ともしがたい……最早これまでか……』なんて状況があると思います。ええ、わかりますとも。

喉の加湿・保湿5

鼻をかんでも全く通る気配がないッ! そんなあたなに奥の手をご紹介します。

効果覿面!蒸しタオル《レンジ編》→やけど注意

  1. タオルを水で濡らします。
  2. 少し固めに絞ります。絞りが甘いとタオルが含んだ水が過剰に熱されてしまい、やけどの原因になります。
  3. レンジで50秒~1分程度チンします。直で熱するのが嫌な場合はビニール袋に入れて加熱してください。※タオルの材質や厚さによって変わってきます。心配でしたら最初40秒で試してそれから様子を見ながら加熱してみてください。
  4. やけどしないように様子を見ながらタオルを開き、パタパタしながら温度を調節し、顔に当てられる温度まで調節してください。
  5. 温度の調節ができたら鼻と口をタオルで多い、ゆっくり鼻から吸って口から吐く呼吸を繰り返してください。

【写真でもっとわかりやすく♪】

喉の加湿・保湿6

1.タオルを水で濡らします

喉の加湿・保湿8

2.少し固めに絞りましょう。甘いと火傷の原因になります。

喉の加湿・保湿9

3.レンジでチンします。

喉の加湿・保湿10

3-2.直が嫌な方はビニール袋で包んでOK

喉の加湿・保湿11

4.火傷に注意して取り出し、温度を調節しましょう

喉の加湿・保湿15

5.鼻と口をタオルで覆い、ゆっくり鼻から吸い、口から吐く呼吸をしましょう。

最後の絵に関しては許してください。これでも頑張ったんです。

効果覿面!蒸しタオル《湯せん編》→やけど注意

  1. 桶にお湯を準備します。50~60度くらいがいいかと思います。火傷しないように気を付けてください。
  2. お湯にタオルを浸して温めます。
  3. 火傷しないよう注意しながら少し固めに絞ります。熱すぎるようなら加水して温度を下げて構いません。
  4. タオルをパタパタさせて、顔に当てられる温度まで調節します
  5. 温度調整ができたらタオルで鼻と口を覆い、ゆっくり鼻から吸い、口から吐く呼吸を繰り返します。

【写真でさらにわかりやすく♪※我が家に桶ないし類似品がなかった…

喉の加湿・保湿7

1.お湯の準備を。私は60度だと熱かったです。

喉の加湿・保湿12

2.容器がないとこうするハメに・・・※良い子は絶対真似しないでください。

喉の加湿・保湿13

3.火傷しないように固めに絞ってください。

喉の加湿・保湿14

4.顔に当てる前に絶対に温度調節してください

喉の加湿・保湿15

5.鼻と口を覆い、ゆっくり鼻から吸い、口から吐く呼吸を繰り返してください。

・・・絵には触れないでください。ごめんなさい。いらすとやさん・・・。

 

上記で紹介したような方法で、気道・粘膜の加温、加湿をすることができ、気道の拡張を促せます。

つまり、一時的にでも鼻づまりを改善させることができます。医師から点鼻薬を処方されているようであれば、このタイミングで使用してみてもよいかもしれませんね(^^)

4.さいごに:加湿だけに頼らずに・・・

いかがでしたでしょうか。

改めて並べてみると加湿の手段がたくさんあって、それに関連した商品もたくさんあることに驚きました。

ですが、喉のトラブルや風邪などの病気を防ぐには加湿だけでは不十分です。

適度な運動、適度な睡眠、バランスのとれた食事、定期的な掃除、楽しいと思えることに打ち込むなどなど、

いろんな要素を組み合わせて自分の体調も管理していきましょう(^^)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事