二子玉川で開催されていた、キネコ国際映画祭に行ってきました(^^)

1992年に始まって、今年で25周年を迎えるキネコ国際映画祭は、毎年世界各国から優れた映像作品を集めてきて、子供たちの夢や希望を育むことを目的とした、まさに「子ども国際映画祭」と呼べるものです。

でも、取り扱ってる作品は子供向けと銘打ってはいるんですけど、老若男女誰が観ても考えさせられるであろう一幕があったりして、むしろ大人が観た方がいいんじゃないかな?w と思えるような内容もありました(笑)

今年は11月2日~11月6日の5日間開催してるので、まだ観に行くチャンスはありますぜ!(^^)

 

スポンサーリンク

キネコ国際映画祭のみどころ

日本最大規模の子ども国際映画祭。
1歳から12歳までを対象にした世界の映画を声優たちの「生吹き替え(ライブ・シネマ)」で上映します。」

引用元:ABOUT KINEKO?│キネコ国際映画祭2017

行ってみて初めて知ったんですけど、キネコ国際映画祭はもちろん日本の映画作品も取り扱ってるんですけど、海外の映画作品で、しかも日本でまだ上映したことがない作品をも取り扱っています。

 

つまり”日本語吹き替え版がない”んです(笑)

もちろん日本語字幕もありませんw

 

じゃあどうするか?

声優さんが生で吹き替えをすればいいじゃないか!ということらしいです(笑)

本当にスクリーンの横にマイクが並んでて、そこで演技されてましたw

まさにこんな見た目ですw

すごいなー声優さんは。。。外画ってあんな感じでアテレコ?アフレコ?してるのかね。

 

当たり前ですけど、皆さん良い声でしたw

 

映画だけじゃない!キネコ国際映画祭を遊びつくせ

キネコ国際映画祭 マップ

なんか画質粗くてすいません^^;

 

キネコ国際映画祭はなんと!映画だけではなく、

気球に乗れたり、

 

”メアリと魔女の花”の上映(しかも無料)が楽しめたり、その他にも作品のグッズ販売や、海外からはるばる足を運んでくれたゲストさんに会えたりなど、イベント盛沢山でしたw

 

もっとちゃんと調べてから行けばよかったですw

普通に勿体ないことした^^;

 

どんな映画やってるの?

キネコ国際映画祭 チケット半券

作品のテーマは本当にさまざまなんですが、死生観が芽生える前の子供たちも来るのに「生と死」がテーマになっていたり、「戦争」だったり、「障害を抱えた人たち」など、なかなか難しい話が多いように感じました・・・w

 

一応、「しまじろう」とか「機関車トーマス」とか「リサとガスパール」みたいな、本当に子供向けです!って感じの作品もありましたよ(笑)

家族の方は家族で観て、一緒に考えて、話し合いましょう!ってことですかね。

外部リンク

 

でも、僕が観に行ったやつは「届け、チベットの歌声」ってやつと「ウェンディと白い馬」っていう若干大人向けなのかな?って思うようなものだったんですけど、小さい子供たちも結構ちゃんと観てるんですよね。

だから案外理解できてるのか・・・?

自分が5歳のときの理解力ってどんなだったかなー^^;

 

昔、小児看護の講義で発達段階やったときに勉強したような覚えは微かにあるけど、小児科とか婦人科で勤務したことないからもう忘れちまったわ(笑)

人間の記憶力なんて頼りになんねぇですね^^;

キネコ国際映画祭 トートバック

入場者には小さいトートバックとパンフレットをくれます。

ちょっとした買い物でエコバックに使えますね(笑)

 

Ballad from Tibet 届け、チベットの歌声

キネコ国際映画祭 パンフレット抜粋

これ、かなり感動しました。もう1回観たいけどザッと調べて日本で観る術がないのが残念。

よく観たら日本初上映って書いてありましたね^^;

あらすじ

チベットの盲学校に通うトゥッデンは両目から光が消えてしまう前に世界を見てみたかった。子供たちはそれぞれの胸に色んな思いを抱いて、テレビ・ショーで歌を披露するために仲間と大都会シンセンへ向かう長旅にでる。

引用元:キネコ国際映画祭パンフレット作品紹介より

子供たちをフォローするアシスタントがどんどん男前になっていく姿が最高でした(;∀;)

あと、先生!サングラスに込められた想いが・・・いろいろ動くんです(;∀;)

大人たちが子供たちに影響を与えるんですけど、それと同じくらい、いやそれ以上かな。大人たちも子供たちから少なくない影響を受けるんです。

良かった。

上映後に登壇された監督がなんとも人の好さそうなおっちゃんでワロタw

 

ウェンディと白い馬

キネコ国際映画祭 パンフレット抜粋

アジア初上陸の”ホース(馬)meetsガール系のハートウォーミングストーリー”です(笑)

あらすじ

肉屋から逃げだしてきた馬のディクシーと、大けがをして馬に乗れなくなったウェンディがはぐくむ友情の物語。おばあちゃんのぼろい乗馬場を一緒に守ることはできるのか?

引用元:キネコ国際映画祭パンフレット作品紹介より

なんとこれ、戸田恵子さんが出演されてました!w

安直すぎるんですけど、出てこられた瞬間「アンパンマンだー!!」という謎の興奮がありましたw

しかも年長グループだろうに、年少グループの役を演じるという離れ業を披露。

楽しませていただきました^^

動物が好きとか、ほっこりしたい方におススメの作品でした(^^)

ゲストは監督と主演女優の女の子。

照明の中、煌くブロンドヘアー。いただきました。ありがとうございました。

 

祝日だということを忘れていた・・・

二子玉川のショッピングモール内に会場があるので、食事できるところもたくさんあるんですけど、どこもかしこも長蛇の列で、スケジュールを詰めると飯を食うタイミングを逸します・・・。

空腹との戦いの中見る映画はなかなかに戦いでした。。。

意地張らずにローソンで何か買えばよかったぜ・・・

 

↓いや、でもどうしてもここに行きたかったんです↓

http://www.bairan.jp/

「梅蘭やきそばが食べたい!」

そう思ってしまった僕の胃の腑はコンビニ飯への妥協を是としなかったのです・・・ッ!

 

居酒屋で締め

駅周辺は駅ビルというかショッピングモールというか、それしかないのかなーなんて諦めモードだったんですけど、調べてみたら駅近くに案外いろいろ居酒屋もありました。

家族連れならまだしも、男2人だったので居酒屋があれば十分です。

↓ここに行きました↓

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131708/13117273/

安いし、うまいし最高(´∀`)

豚しそロールがうまかったです。あとアンコウ。

 

飲み物はビール飲んでたんですけど、ここの名物で「スーパーレモン」ってのがあったので飲んでみたらこれまた美味。

普通のレモンハイだろうと思ってたんですけど、「レモネード」に近い気がしました。

すいすい飲めちゃいます(´∀`)

時間も遅かったので、ほどほどにしか飲み食いしませんでしたが、それで2人で3,000円という良心的な値段。

また二子玉川に来る機会があれば寄ってもいいな。

 

読んでくださった方ありがとうございました(^^)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事