comic_image

どうも! てこと申します。

前回に続き、無理やり学ぶシリーズです(笑)

今回はのんのんびより15巻から得るべき教訓について書いていきます!

スポンサーリンク

極めてさらっと、のんのんびより 15巻の概要

舞台は冬へ

雪遊び・・・こたつ・・・お年玉・・・

最後に体験したのは・・・・今から36万・・・いや、1万4000年前だったか。

私も歳をとりましたなァ(遠い目)

兄、さらに出番減る?

受験の話が出てましたね! 本人は出てませんでしたが(笑)

結構好きなオチ要因なので、これからも出てほしいところ ><

のんのんびより 15巻でグッときたところ

まんまるなものはこの世に存在しない

「丸ってなんなんだろう・・・」

私たちは本当の意味で丸いものを見たことがないのに、丸を知っている気になっているんですよね。

人間の浅はかな部分に一石を投じる、とても深い内容でした()

しおりちゃんは将来大物になるでェ・・・!

れんちょんは驕らない

「摩擦は地面掘れば出てくるの!」

れんちょんはこう受け取ったはず。

普通ならしおりちゃんが何か勘違いをしているのでは? と考えそうなものを、れんちょんはそうしなかった。

好奇心旺盛で勉強家な人間がこの謙虚さを備えてるってもはや最強では?

れんちょん、お姉さんへの階段をまた1歩上る

私はしおりちゃんが登場してかられんちょんが振り回される構図が見られるようになって新しい面白さを感じていたのと同時に、年上として面倒みよく振舞おうとする不器用な感じが微笑ましいなと思っていました。

そして今度はもうすぐしおりちゃんに妹が生まれるらしい・・・!

「ウチ もっとお姉さんになるん」

決意を新たにしたれんちょんの今後が楽しみです。

あと、こまちゃんはすぐに倒せると思います(笑)

30代看護師がのんのんびより15巻から得るべき教訓

慢心せざるべからず

この年にもなると必要なことは積極的に勉強しなきゃですし、職業柄「エビデンスを確かめなくては・・・!」みたいな場面にも多く遭遇します。

そうやって知識をつけてくると「なんちゃって学者」とでも形容すべき変な自信が湧いてくることがあるんですよね(笑)

優越感に浸るために勉強してるわけではないので、無暗にひけらかすようなことはしてないですけど、学ぶことについての謙虚さを大切にしていきたいなと再確認しました(笑)

おわりに

いや、普通に15巻も面白かったですねーーーw

ひかげのツッコミもキレキレですし、こまちゃんのポンコツさはずーっとツボで未だに見てて飽きないw

登場人物増えた影響で駄菓子屋の出番が少なかったのが残念ですけど、次の巻を楽しみに待ちたいですわ。

てか、14巻のあと結構間空きませんでした?

ちょくちょくKindleで検索してたんですけどなかなか新刊上がってこなくて少し心配してたところだったんですよね。

月刊誌だからゆっくりペースなのか。

気長に待つとしよう。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました^^

機会があったらまた遊びにきてください!

それでは!ノシ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事