新作から旧作まで、

泣ける!熱い!爆笑!とにかく心が動く!そういうアニメを集めてみました!

こういうまとめは初めて書くので、特にジャンルを絞ったりせずに書くつもりでいたのですが、あくまで私的なランキングなので、改めて見てみると結構偏ってるかもです^^;

※OVA等の情報はブログ公開前にWikipediaでも確認しなおしましたが、Blu-ray借りたらついてくるようなやつは書いたり書いてなかったりするのであしからず。。。

 

ここに挙がっていないものでも、たくさん面白いアニメはあると思います!

これかもいろいろ見ていくのでまたお気に入りが見つかったら適宜更新していきます(^^)

 

 

 

スポンサーリンク

おすすめアニメランキング50+レビューを紹介!

50位 はたらく魔王さま!

魔王城は六畳一間!?

フリーター魔王さまの庶民派ファンタジー!!

引用元:TVアニメ『はたらく魔王さま!』公式サイト

ライトノベル原作をアニメ化した”はたらく魔王さま!”

元いた世界で勇者に追い詰められ、側近と一緒に転移して逃げた先が東京の笹塚w

地球には魔力がないので、2人も魔法が使えなくなってしまうんですけど、なんとか魔力を復活させる方法を探るのと日本制服を目論見ます。

でも、それまでどうにかして生きていかないといけないので、魔王がとった行動が”アルバイトで日銭を稼ぐ”だったんですよねw

だんだん所帯じみていく魔王たちがとにかく面白いです(笑)

途中で魔王を追いかけて勇者エミリアも笹塚に乗り込んできたりするんですけど、やっぱり魔力の自己回復ができなくて帰れなくなりバイトを始めるというw

基本ギャグなので、何も考えずに楽しみたいときにおすすめのアニメです(笑)

胸囲の格差社会をハンバーガーで喩えたやつがツボでしたw

デ、デカイ・・・・

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

49位 ニセコイ(1,2期+OVA)

極道一家「集英組」のひとり息子だが、ごく普通の高校生・一条楽。

彼は、10年前、仲良くなった女の子と「再会したら結婚する」という約束をし、その時に貰ったペンダントを肌身離さずに持っていた。

そんなある日、楽のクラスにやって来た転校生の美少女・桐崎千棘。

最初の出会いから相性最悪で、事ある毎にケンカを繰り返す楽と千棘だが、とある事情から二人は恋人を演じることに。

恋心を抱く、クラスメイトの小野寺小咲の事を気にしつつも恋人のフリを続ける楽。

「偽恋物語」の行く末やいかに!?

引用元:TVアニメ「ニセコイ」公式サイト

これは小野寺を愛でるアニメです。

いや、だってかわいすぎるでしょ!!2期ですけど台風の回死ぬかと思いました。

思わずニヤニヤしたいときにはおすすめなアニメです(笑)

小野寺カワェェ・・・・

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

48位 ご注文はうさぎですか?(1,2期+劇場公開OVA)

この春から高校に通うべく新しい街にやってきたココア。
道に迷って偶然に喫茶ラビットハウスに入るが、実はそこが彼女が住み込むことになっていた喫茶店だった。

ちっちゃくてクールなチノ、軍人気質なリゼ、おっとり和風な千夜、気品あふれる庶民派シャロと全方位的なかわいさの登場人物に、チノの同級生マヤ&メグ、常連客の青山ブルーマウンテン先生も加わって、ラビットハウスは今日もすべてがかわいい!

引用元:TVアニメ「ご注文はうさぎですか??」公式サイト│STORY

これはチノちゃんを愛でるアニメです。

異論は認める。

言わずと知れたぴょんぴょんアニメです。

僕も毎週ぴょんぴょんしてました。それが生きがいでした。

今でもニコ動で1話のランキングが上がってると「ニタァ・・・」って不敵な笑みを浮かべてしまいます。

てか、未だに「1」で検索すると出てきますねw(2017年10月25日現在)

「けものフレンズ」が迫ってきてるのもなんかすごいw

綺麗な街並みと可愛いキャラクター、流れるゆったりとした空気に癒されること間違いなしです。

劇場でもぴょんぴょんできるとか僥倖ですねw

http://www.gochiusa.com/ova/

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

47位 グリザイアの果実(果実,迷宮,楽園)

175キロもの距離を歩き、バックパック一つで三嶋崎へと引っ越してきた青年、風見雄二。

そんな浮世離れした彼の願いーーそれは『普通の学園に入って、普通の学生生活が送りたい』というものだった。

知人の橘千鶴によってその願いは叶えられ、雄二は彼女が学園長を務める私立美浜学園に通うこととなる。

高い塀に囲まれ、通う学生は5人だけという”普通の学校”にやって来た雄二が出会ったのは、一癖も二癖もある少女達だった。

引用元:アニメ「グリザイアの果実」公式サイト│1話あらすじ

グリザイアは駆け足感もあったのでやっぱり原作やった方がいいんでしょうけど、僕は未プレイ勢・・・。

グリザイアはとにかく風見雄二がかっこよすぎる。

『なるほど』

『すごいな』

『悪いのは君じゃない』

このスリーワードはしっかり胸に刻みましたよw

あと、『睡眠の重要性』ですねw

振り替えってみると蒔菜のこのシーンが特に印象に残ってるかも。。。

修行のシーンとかもありましたからね。この過程も好き。

グリザイアで何が一番好きって、最後ヒロイン達が1つの目的のために力を合わせていくところですよね。

それぞれ”激しい個性の塊”だった奴らが、本気で力を合わせればこんなにもすごいことができるんだッ!っていうのがね、大好物です(笑)

ナンジョルノの歌も最高でしたわァ・・・

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

46位 城下町のダンデライオン

ごく普通に街中で生活する櫻田家は、実は国を統べる王族である。

しかも全員特殊能力持ち!

そんな一家に生まれた三男六女の兄弟姉妹の中から、次期国王が国民投票によって選ばれることになった。判断材料として、町中に設置された複数のカメラによって監視されTV放送される中、一生懸命カメラを避けたり、選挙にやる気だったり、協力しあったりと思い思いの行動を取るきょうだいたち。

なんだかんだと仲良しな家族ながら、選挙で選ばれるのは一体誰!?

櫻田一家が繰り広げるドタバタファミリーコメディ開幕!

引用元:城下町のダンデライオン 公式ホームページ│あらすじ

これも何も考えずに笑えるアニメです(^^)僕にとっては茜様を愛でるアニメです。

王位継承権とかすんごいドロドロしそうなもんですけど、このアニメは超平和なので、争いらしい争いはなく、ものすごく微笑ましく展開しますw

栞が風邪で寝込む回での奏様の溢れんばかりの母性は一見の価値ありというか、なんどでも見返したい。

ああいうのをギャップ萌えっていうんですね。破壊力が尋常じゃないゼ・・・

当時は毎日見返してニヤニヤしてたものだけど、本当にあと一歩で中毒になるところでしたからねー。電子ドラッグとはよく言ったものですね(笑)

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

45位 幸腹グラフィティ

一人暮らしをする中学生・町子リョウ。一緒に住んでいた祖母を亡くしたあと、なぜかどんな料理も美味しいと感じられなくなってしまいます。

そんなとき、同い年のはとこ・きりんが泊まりにくることに。

優しいきりんと一緒に食べるご飯は、美味しくて、とてもとてもあたたかくて…。

リョウの友人・椎名も交えて、食事でつながるあたたかな青春が今、はじまります!

寂しい時は、ご飯を食べて一緒にぽかぽかしませんか?

引用元:幸腹グラフィティ 公式ホームページ│あらすじ

飯テロアニメですねー。

飯食うときだけ作画が違うっていうw

おいしいご飯が食べたくなるアニメです。

さんま回が本当につらかった。次の日からしばらくやよい軒でさんまを食べ続けましたね。

さんま、すごく、美味しい(;∀;)

でも、アニメ観てるだけでもなぜか心は満たされますw

あと、きりんの足音なんかずるいw

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

44位 うーさーのその日暮らし(1~3期)

一見ラブリー、
しかし秘めたる心はそれなりに邪悪ーー

そんな黄色くて黒い謎の動物”うーさー”の
荒ぶりそうで荒ぶらない、自由気ままなその日暮らし。

引用元:あにてれ うーさーのその日暮らし│ストーリー

このビジュアルでCVが宮野真守さんてだけでもすでに面白いw

好きなものは『肉』『ギャル』『金』っていうゲス野郎ですw

パロディネタとか、毒のある感じが好きな方は楽しめると思います。

ショートアニメなので、3期まで観てもそんなに時間かからないので、そういうところはお手軽かもしれません。

世界観にハマったら「せいふく王うーさー」ってアプリがあるんですけど、それも面白いですよw

うーさーのようにゲスになれますwww

せいふく王うーさー Wooser the Conqueror

せいふく王うーさー Wooser the Conqueror
無料
posted with アプリーチ

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

43位 みつどもえ(1~3期)

日本一似ていない小学生の三つ子。

ちょっとおませなサドガールの「みつば」
ちょっとスケベなマッスルガールの「ふたば」
ちょっと不思議な暗ガールの「ひとは」

この丸い三姉妹が織りなす
破天荒な小学生ドタバタ・ショートコメディー!!

引用元:みつどもえ│ストーリー

いや、「ちょっと」どころじゃないでしょwww

みつどもえはもちろんこの3人が主軸になってクラスをかき乱していくんですけど、他の登場人物も全員ちょっとどころじゃなくおかしいw

クラスで飼い始めたハムスターに「チクビ」って名前つけたりしますからねw

そら「変態学級」なんて言われますわw

ライト(?)な下ネタとドタバタ劇が好きな人にはたまらんアニメです。


こんな雰囲気ですw

 

まぁでも見どころは満載なんですけど、やっぱり一番はこの人ですw

出てくるだけでオチが読めるんですけど、それでも面白いwww

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

42位 大魔法峠(OVA)

魔法の国から地上の学校に転校してきた田中ぷにえちゃんは、魔法よりも関節技が得意なとってもおちゃめなお姫様。
もちろん目指すは天下布武。
歯向かう相手は「肉体言語」(サブミッション)でおしおきよ!

引用元:大魔法峠 オフィシャルサイト│あらすじ

最初から最後まで何から何までおかしいアニメですwww


楽し気にOPを歌う主人公の後ろでは・・・

どこからツッコミ入れたらいいのか正直わかりませんwww

とりあえずマジカルステッキを使うときの呪文が「リリカル トカレフ キルゼムオール(kill them all)」です(笑)

トカレフってあのトカレフですよね?笑

こんなふざけたアニメなんですけど、声優が豪華すぎるのも笑えるw

田中ぷにえ:佐藤利奈
姉御:川澄綾子
国 鉄子:下屋則子
パヤたん:斎藤千和/中田譲治
ぴゅん:齋藤彩夏
ぽたる:花澤香菜
ぷにえの父:飛田展男

エスメラルダ:小山茉美

引用元:大魔法峠│スタッフ

これは腹かかえて笑えるので、とにかくなんか腹黒系で面白いの見たいって人にはオススメです(笑)腹黒ってのもなんか違うかな・・・w

 

サブミッションは王者の技・・・。なるほどわからn、おっと誰か来たようd、ーー

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

41位 だがしかし

家業の駄菓子屋を継ぎたくない鹿田ココノツは夏休みのある日、駄菓子マニアの不思議な美少女・ほたるに出会う。

実在の駄菓子とともに少年×少女のおかしな夏が今始まる!

美味し懐かし駄菓子コメディー、お腹いっぱい召し上がれ!!

引用元:だがしかし 公式ホームページ│あらすじ

これを見た日から血眼になって駄菓子を捜し歩く日々が始まりましたw

普通にギャグとしても楽しいんですけど、懐かしすぎて脳が喜んでるのがわかるアニメでしたwww

ビンラムネの人気は特に尋常じゃなくて、どこ行っても売切れてましたね・・・。

やっとの思いで手に入れて、一口吸い込んだ瞬間・・・


これは認めざるを得ない・・・ヘ(゜▽、゜*)ノ ジュルリ・・・

また買いたくなってきたw 駄菓子屋行こうかなw

あと個人的にヒットだったのがコチラ↓

「ってこれ、まんま漬物やないかい!!」って思ってたんですけど、

単体でも結構イケます(笑)

でも、やっぱりご飯と一緒に食べた方がおいしい!!

 

茶番ですねw

2期が楽しみです!!

http://www.tbs.co.jp/anime/dagashi/

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

40位 つり球

舞台は湘南・江ノ島。
懐かしさと瑞々しさの同居した町。

他人とのコミュニケーションが異常なほど苦手なため、これまでの人生でまともに友達がいた試しのない高校生・ユキ。

自称宇宙人、ユキに釣りをさせようとする少年・ハル。

生まれも育ちも江ノ島の地元っ子、周囲のいろんな事になんだかムカついているらしい少年・夏樹。

つかず離れずの距離から彼らを見つめ続ける謎のインド人、アキラ。

青春をこじらせてしまっている4人が出会い、釣りをして、小さな島は、大きな物語の中心となりーー。

ここから始まる、SF(=青春フィッシング)物語!

引用元:TVアニメ「つり球」│Story

結構最後突拍子のない方向に向かっちゃうんですけど、主人公のユキの気持ちをすごく丁寧に描いているアニメで、見ていて心が温かくなります(^^)

最初はこんな般若みたいな顔するくらい人付き合いが苦手なんですよねw

一番好きなのが釣り竿を買うために皆でバイトをする回!

初めてのバイトでドキドキする中頑張って、それでお給料をもらって、ほしいものを買う。

これってすごく嬉しいことだったんだなあっていうのを思い出させてもらいました(^^)

そして4人で友情を育みながら成長していく姿にはもう感動の一言(;∀;)

 

名作まではいかないのかもですけど、個人的には心に残り続ける名作です。

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

39位 プラスティック・メモリーズ

現代より少し科学が進んだ世界。

18歳の”水柿ツカサ”は、大学受験に失敗したものの、親のツテのおかげで世界的な大企業SAI社で働くことになった。

SAI社は、心を持った人型のアンドロイド、通称『ギフティア』を製造・管理する企業で、ツカサはその中でも、ターミナルサービスという部署に配属される。

だがそこは、寿命を迎えるギフティアを回収するのが業務という、いわゆる窓際部署。

しかもツカサは、お茶汲み係をしているギフティアの少女”アイラ”とコンビを組んで仕事をすることになってしまう…。

引用元:TVアニメ「プラスティック・メモリーズ」オフィシャルサイト│STORY

これ最初から”約束された感動”ですよね。

絶対切ないってのが予測できて見ようかどうかまよったんですけど、気になったのでやっぱり見ちゃいました・・・。

結果大号泣ですよ(;∀;)

これほど切ない恋があっただろうか。

でもだからといって不幸だったわけではない。

プラメモは、興味がある方は是非自分の目で確かめてみてください。

YoutubeでPVが観れます

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

38位 花咲くいろは(アニメ+劇場版)

突然の夜逃げ、突然の告白、そして突然の別れ――。
今までとは違う自分になりたかったという夢は、急に現実となりました。
私、松前緒花の平凡な日常は1日にしてドラマチックな展開を迎えたのです。

通い慣れた、それでいてあまり愛着のない街を出て、
話したことや会ったこともない祖母の元で暮らすのです。

大正浪漫あふれる温泉旅館・喜翆荘(きっすいそう)。
そこで出会う人たち。

花の芽が地上に出て新たな世界を知るように、
私も、今までとはまったく違う、新しい生活を始めます。

それは辛いことかもしれません。
でも、めげても、くじけても、泣きじゃくっても明日は来るんです。
だからこそ私は頑張りたいんです、そして輝きたいんです。

太陽に導かれるよう咲く花のように
いつか大輪の花を咲かせられるように……。

引用元:アニメ「花咲くいろは」公式サイト│ストーリー

P.A.WORKS 10周年記念アニメーション作品です!

「お仕事シリーズ」の第一弾ですね。てか、あの花の岡田磨里さんが脚本とか構成やってたんですね!

『ホビロン』とか『ぼんぼる』とか謎ワードがありましたよねw懐かしい。

アニメから逆輸入で『ぼんぼり祭り』が聖地で開催されるようになったのも有名な話ですよね(・∀・)

http://yuwaku.gr.jp/

すごい好きなのにまだ聖地巡礼できてない・・・悔しい・・・。

個性的な旅館の人たちとの関わりや仕事を通して成長していく姿だったり、高校生らしく青春してる姿は観てるこっちに甘酸っぱいような少し胸にチクっと来るものを思い出させてくれます。

自然豊かな湯乃鷺温泉の景観も良い。ナイス、絵。

HOME SWEET HOMEも観に行ったナァ・・・。僕から見たらもう十分みんな輝いてるんだよな。

またシリーズ構成・脚本を担当した岡田麿里は、堀川からこの企画を、「仕事を題材にしたオリジナル作品」、「(制作会社の)ピーエーワークスの若いスタッフたちが、仕事を楽しいと思えるようになるアニメを作りたい」と説明され、そのハードルの高さに最初は気後れしたという。しかし、「私はこれから先、こういう出発点のアニメをやらせてもらえることはあるんだろうか?」と思い、最終的に引き受けることにした。

引用元:Wikipedia

コレからもわかるように、この作品にこもってる想いってのはかなりアツいです!

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

37位 あまんちゅ

春。物事が大きく移り変わる季節。伊豆の町で生まれ育った小日向光と、東京から引っ越してきたばかりの大木双葉は、ともに夢ヶ丘高校に入学し運命的な出会いを果たす。光に誘われるまま双葉が足を踏み入れたのは、スキューバダイビングという未知の世界。何事もプラス思考の光と、自分がいかに小さな存在かを実感させてくれるダイビングの魅力…新たな出会いが、双葉の臆病な心を徐々に溶かしていく。そして、日々の生活においても二人はさながらダイビングで命を預け合う「バディ」のように、ともに多くの幸せを共有する関係を築いていくことに……。

引用元:TVアニメ「あまんちゅ!」公式サイト│ものがたり

「ARIA」の天野こずえ先生の現在刊行中の漫画をアニメ化した作品です!

監督はこれまた「ARIA」の時にタッグを組んだ佐藤順一監督!!

この手の作品はジュミスに任せておけば間違いないですね(笑)何様だ

見てて鳥肌が立つくらいにハッピーで素敵な話です。

日常をここまで素敵に染め上げることができるのは本当にすごいw

 

そんで話の端々にちょっぴりイイ話というか格言っぽいのを盛り込んでくるのも相変わらず。

見終わった時に心が軽くなるんですよねー。ホント癒しですわ。。。

だるまさんが転んだをする回の香取先生がすごい好きで今でもたまに見返してます(笑)

正直、先生が一番かわいいw

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

36位 Kanon

相沢祐一は両親の都合で、7年前によく訪れていた北の街に住む叔母の家に居候することになった。従姉妹の名雪とも7年ぶりの再会になる。名雪に街の案内をしてもらっていた祐一は、月宮あゆという少女と出会う。そして偶然知り合ったにも関わらず、追われているという彼女と一緒に逃げる羽目になってしまい……。

引用元:TVアニメ「Kanon」公式HP│ストーリー 1話

泣きゲーと名高いKeyのアニメ化第1作目ですね。

Kanonは基本的に切ない感じの話が多いです。それぞれが何か抱えながらもそれを悟られないように過ごしていて・・・あと、なんか記憶にトラブルがある人が多い^^;

最初はKeyらしい微笑ましい展開で進むんですけど、だんだんと裏というか真相がわかってくるんですよね・・・。

特に真琴編はただひたすら切なかった(;∀;)

でも一番泣いたなァ・・・・。次はあゆ編かな。名雪・・・(;∀;)


Kanonの代名詞とも言える手作りジャムw
凶器にしか見えませんね(笑)

ちなみに「Kanon」は東映版と京アニ版と2パターンあります。

僕は両方観たんですけど、今から見るなら京アニ版でいいんじゃないかと思います。

僕は原作プレイしたことないのですが、東映版は駆け足な感じがしました。(まぁ1クールと2クールの差があるので比べるのも変ですが)しかも幻の14話を観る術がないときた!すんごい、もどかしいので^^;

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

35位 けいおん!(1,2期+劇場版)

春、新入生がクラブを決めるころーー
田井中律(たいなか りつ)は幼馴染の秋山澪(あきやま みお)を連れて軽音部の見学へ行く。

しかし部員全員が卒業してしまった軽音部は、あらたに4人の部員が集まらないと廃部になってしまうという。

琴吹紬(ことぶき つむぎ)という仲間を加えて、最後の一人をさがいしているころ、「軽音部」を軽い音楽(口笛など)と勘違いしていた楽器初心者・平沢唯(ひらさわ ゆい)が入部してくる。

引用元:けいおん!!公式ホームページ

社会現象を巻き起こしたアニメとして有名ですね。

媚びた萌え要素を撤廃し、わかりやすい青春ものじゃなく、放課後にだらだら過ごす日常を描いてるだけなんですけど、それがいいんですよね(笑)

難しいことを考えずに、キャラクターたちのやりとりにクスリと笑って、それを楽しめばいいアニメです(^^)

でも日常だけじゃなくて最後にちょろっとキャラクターの成長が見れたりするから油断ならないんですよねw

劇場版もしっかり観てきました!

ヨーロッパを顔に貼るやつ大学で真似してたころが懐かしい(笑)

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

34位 未確認で進行形(アニメ+OVA)

ごく普通の生活を送る高校生。夜ノ森小紅の16歳の誕生日。許嫁なのに影が薄い三峰白夜と、小姑でどう見ても幼女の三峰真白が現れた、ブリーフィング無しでいきなり始まった奇妙な同居生活。

シスコンで変態な姉・夜ノ森紅緒まで加わり、事態は相当ややこしいことに。

小紅の生活は普通じゃなくなった。

引用元:『未確認で進行形』TVアニメ公式サイト│ストーリー

紅緒さまがHENTAIすぎてケシカランので、もっと出番増やしてほしかったです!!


正直、紅緒さまを見るためだけに見ていた気がする・・・。

でも最後、白夜がなんだかんだカッコイイし、普通に良い感じのラブコメしてきやがったから、振り返ってみると全体的に面白かったんですよねー。

Blu-rayBOXの特典も面白かったですw

変態によるドタバタ劇+ハートウォーミングなラブコメを観たい人にはおすすめできます。

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

33位 ガールズ&パンツァー(アニメ+OVA+劇場版)

西住みほは大洗女子学園の転校生。実家を離れ寮暮らしを始めたばかり。クラスでもまだ友達もなくひとりで過ごすことが多い。そんなみほに声をかけてきたのが武部沙織と五十鈴華だった。3人はあっという間にうち解ける。そこに現れたのは生徒会長の角谷。「必修選択科目なんだけどさぁ……。『戦車道』取ってね、よろしく」。わざわざ戦車道がない大洗女子を選んだみほは困惑する。悩むみほをよそに戦車道のオリエンテーションが始まる。

引用元:ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER)公式サイト│1話あらすじ

これも聖地巡礼が流行って、”大洗”が町おこしに活用したこともあって一大ムーブメントとなりましたね。

僕は正直「戦車道?イミワカンネ(笑)」と思って見てなかったんですけど、劇場版の公開が決まって、再放送をやることになってたので「そんなに流行ってるなら食わず嫌いは良くない」と思い見てみることにしました。

そしたら、なんと面白いことか!!!!

キャラクターはみんなカワイイ女の子ばっかりなんですけど、やってる内容は戦車を使った”戦争”です(笑)

主人公の西住みほは戦車道の名家、”西住流戦車道”の生まれで、指揮官としてのセンスが尋常じゃない。

性能の差を知略、戦略でカバーし、時には捨て身の賭けにも出る、まさに戦士です(笑)

その能力で並み居る強豪と互角以上に渡り合うんですけど・・・むしろ勝つんですけど、

いや、どこのルルーシュだよwww


砲撃が飛び交う中、目視確認も怠らない。

こいつらみんな女子高生じゃねぇ。

手に汗握る熱い戦いが見たい人にはオススメですね。蝶野さんもハマってるみたいですし(笑)

https://togetter.com/li/931366

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

32位 日常(アニメ+OVA)

妄想がふくらみがちな夢見る女子高生「ゆっこ」の周りにはロボやら鹿やら謎なものがいっぱい。
時定高校を中心に、シャケが飛んで­きたりこけしが飛んできたりと町中に広がるちょっと不思議でビミョーにシュールな「日常」は始まります。

一方、「はかせ」と「なの」、しゃべる猫「阪本(さん)」の暮らす「東雲研究所」でも、今日も一日あったかぽかぽかの、のんびりと­した一日が過ぎて行くのでした。

引用元:「日常」京アニサイト│日常?

これのどこが「日常」だw

ネタの全部が予想外過ぎて笑わなかった回がないですww

間の使い方もすごい上手くて、無言のシーンで笑いをとる場面が多数存在します(笑)

好きなシーン多すぎて決めらないですねw

強いて上げるなら


高崎先生のこのシーンと


ウッドキューブ回と


命を燃やす回ですかね(笑)

いや、他にもいっぱいあるなーコークスクリューとかドラゴンスクリューとかも面白かったし、焼き鯖とかヒヤシンスとかwww

ぶっ飛んでるネタばっかりです(笑)

とにかく腹抱えて笑いたい人には推せるアニメですw

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

31位 アイドルマスター シンデレラガールズ

歴史ある芸能プロダクション「346プロダクション」には数多くのアイドルが在籍している。そこで新たにスタートする「CINDERELLA PROJECT(シンデレラ プロジェクト)」!

普通の毎日を送っていた女の子。

アイドルの卵に選ばれた彼女達が、初めて見る世界で紡ぐシンデレラストーリー。

みんなと一緒にお城へと続く階段を登っていく事ができるのか。

今、魔法がかかり始めるーー

引用元:TVアニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」オフィシャルサイト│STORY

アイドルのリアルな現実を描いているので結構心を抉られます。

同じプロジェクトのメンバーの間でも周りとの差に焦ったり、自分の強みとは何か思い悩んだり、本当に過酷な世界なんだなと思い知らされます。

それでもそれぞれ課題をしっかり受け止めてチームとしてプロジェクトを前に進めていく姿に感動した(;∀;)

 

そしてs(mile)ingと最後の流れ星キセキからの流れはマジで泣いた(;∀;)

 

人間くさいというか、ヒューマンドラマを観たい人にはおススメです!

 

デレステは即ダウンロードしましたw

ちなみに僕は鷺沢文香推しですw みくにゃんが僅差で2位w

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

30位 ラブライブ!(1,2期+劇場版)

秋葉原と神田と神保町という3つの街のはざまにある伝統校、音ノ木坂学院は統廃合の危機に瀕していた。
学校の危機に、2年生の高坂穂乃果を中心とした9人の女子生徒が立ち上がる。
私たちの大好きな学校を守るために、私たちができること……。それは、アイドルになること!
アイドルになって学校を世に広く宣伝し、入学者を増やそう!
ここから、彼女たちの「みんなで叶える物語」スクールアイドルプロジェクトが始まった!

引用元:ラブライブ!Official Web Site│ストーリー

これぞまさに社会現象ですよね。紅白まで出やがって・・・(;∀;)

僕のアイドルアニメへの偏見をぶち殺してくれた思い出のアニメです(笑)

 

普通にストーリーが面白い!

9人のキャラもわかりやすく立ってるので感情移入しやすいのもポイント。

かわいいキャラの”萌え”よりも”スポコン”を押し出してるからこそ喉ごし爽やかに見ることができます(^^)

部活としての成功と挫折、”スクールアイドル”の在り方、μ'sの将来など。。。いろいろ魅せてくるんですよ!熱いッ!!笑

 

そして、期待と不安の入り混じる劇場版!

2期の終わりが良かったから、劇場版の情報を聞いたとき、正直「止めてー!!最終回みたときそんな雰囲気してたけど、想像にお任せしますで止めといてよー!!」って思ってました。

 

でも、劇場版はその不安の部分を大きく裏切る形で名作となっていきました。

劇場版7回観に行って、スペシャルステージまで行っちまったゼ・・・。

「アイドルアニメなんて見ねぇよ」なんて言ってた僕がこの1作だけでここまで変われたのです。

スポコン系、熱い感動、日常系のギャグ!そういうのが見たい人にはおススメできる作品です!キモイな自分(笑)


ちなみに僕はえりち推しです(笑)

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

29位 Angel Beats!

舞台は死後の世界
運命に立ち向かう少年少女たちの物語

なんらかの理由で最後を遂げた少年・音無は、死後の世界の学校で、ゆりと名乗る少女と出会う。
彼女は神に反逆する「死んだ世界戦線」のリーダーで、天使と日夜激戦を繰り広げていた。
そして、立ちはだかるは神の使い・天使。それは、可憐なひとりの少女だった。
生前の記憶が無く、この死後の世界で何が起きているのかも分からず戸惑う音無。

彼は、ゆりたちと共に戦う道を選ぶことにしたのだが…。

引用元:Angel Beats!公式サイト│ストーリー

天使ちゃんマジ天使

登場人物が多すぎるのもあるんですけど、最後の方が駆け足なのが唯一残念ポイントではあるのですが、全体的に泣けます。ストーリーも音楽も神がかってます(;∀;)

作中に出てくるバンド、「Girls Dead Monster」の曲は今でも色褪せない名曲揃いですよね・・・。あと『一番の宝物』の破壊力たるや。。。

KEY作品特有の笑い要素も健在ですが、とにかく泣けます。

タイトルに込められた意味が回収されていく様はもう、泣けます。

泣けますしか言ってないですけど、本当に泣けます(笑)

 

 

ゲームの続きはよ。

岩沢ルートがマジで辛かったですね。やつも聖母。そしてユイの約束された感動。

松下五段は…ねぇ…笑 独特でした(笑)好きですけど(笑)

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

28位 僕だけがいない街

漫画家としてデビューするも、いまひとつ結果を出せずに毎日を過ごす青年・藤沼悟。
彼は、彼の身にしか起こらない、ある不思議な現象に不満を感じていた。

ーーリバイバル(再上映)
何か「悪い事」が起こる直前まで時が巻き戻る現象。
それは、その原因が取り除かれるまで何度も繰り返される。
……まるで、誰かに「お前が防げ」と強制されているかのように。

しかし、ある日起きた事件をきっかけに、その現象に大きな変化が訪れる。

自らの過去に向き合う時、悟が目撃する真実とは?

そして、悟の未来はーー?

引用元:TVアニメ「僕だけがいない街」公式サイト│プロローグ

この時期、ループものというか、やり直し系が多かったイメージがあるのですが、その中でもかなり面白かったです。

ミステリー系のサスペンスが好きな人はドハマりすると思います。別段そうでもない僕がドハマりできたので(笑)

 

そして最終回は涙なしには見れません(;∀;)

決してご都合主義な展開ではなく、確信をもってあの行動をとっていたのが良い。

希望を捨てない、諦めない、信じる。その辺がぐっとくる作品です。

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

27位 DARKER THAN BLACK(1,2期+外伝)

解析不可能な異常領域「地獄門(ヘルズ・ゲート)」の出現により、本当の“ 空” を失った東京。
それと呼応するように現れたのは、特別な能力を身につけた者たちだった。
能力を得る代償として、人間らしい感情が希薄になり、人を殺めることさえ冷徹に行う彼らを、人々は畏怖を込め、「契約者」と呼んだ。

一見いつもと変わらない東京の風景。しかしその裏では、ゲートに秘められた謎をめぐり、各国の諜報機関は「契約者」を利用して熾烈な諜報戦を繰り広げている。

主人公・黒(ヘイ)は、中国人留学生李舜生(リ・シェンシュン)として東京の街にひっそりと溶け込んでいるが、 裏の顔は、暗部の闘いに身を投じる能力者の一人で、その苛烈な任務遂行の姿から、BK201「黒の死神」と呼ばれ畏怖されている、組織の一級エージェントである。

各国諜報機関が送る、予測不可能な能力を持った敵の契約者たちとの闘い。悲しき過去を持つ女達との出会い、そして別れ。 「契約者」による事件を追う公安部外事四課なども絡みあい、「ゲート」を巡る争いは激しさを増してゆく。

引用元:DARKER THAN BLACK 黒の契約者│序説

ダークヒーロー的な物語で、登場するキャラひたすらカッコイイ。

うまく表現できないのですが、「契約者」の能力行使には対価が必要で、それ以前に能力を手にしてしまった段階で「感情」が失われたといっていいレベルで希薄になります。例えば自分の利になるのなら、ためらいなく人を殺せるくらいに。

そんな契約者は皆、義理とか人情とか関係なく「損得勘定」だけで行動するんですけど、あくまで「自分にとっての損得勘定」なので、ふとした瞬間にそれが”感情”に見えるときがあるんですよねー。そこがすごいアツかったり切なかったりの展開を生んでいる。。。

ドールは契約者とはまた違うんですけど、説明は割愛します。

とにかく設定が多いので混乱しますけど多分混乱の一番の原因は主人公(笑)カッコいいバトルと、ところどころに見える暗く切ない人情とか、救われない思いとか、見どころがたくさんあります。

特に1期は途中から人間vs契約者みたいな構図になっていくんですけど、見ていて複雑です。。。

恐ろしい能力を有し、損得勘定だけで人を殺せてしまう「契約者」を忌み嫌う人間は、契約者をこの世から抹消しようと画策し、そのための手段も完成させてしまいます。

でも、視聴者目線では「本当に契約者は悪なのか?」という疑問が残る。

主人公の黒はその特殊な設定上、視聴者目線に一番近い感覚をもったキャラクターなので、最後どういう選択をするのか、こちらまで固唾を呑む想いになります。

 

2期は2期でさらに殺伐としてくるのでツライ(;∀;)でも偶数巻に収録されている外伝の銀がめちゃくちゃかわいいのでそれが癒しです(笑)

2期の終わり方はちょっとわかりくいところもありますが、でも、力のある作品には間違いないです。

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

26位 ヤマノススメ(1,2期)

インドア趣味で高所恐怖症の「あおい」と、山大好きで常に周りを振り回す「ひなた」。幼馴染の二人は、幼いころ一緒に見た山頂の朝日をもう一度見る為、登山に挑戦することに。

登山道具で料理対決したり、近所の小さな山に登ってみたり…。少しずつ知識を身につけ、登山仲間を増えて行く。あの日見た朝日を見られるのはいつ?

引用元:TVアニメ『ヤマノススメ』公式サイト│ストーリー

1期は5分アニメで2期は15分アニメです。

「ヤマノススメ」がまさか神アニメになるとは思ってもみませんでしたよ。僕に漫画原作を揃えさせ、登山に挑戦させるくらいの力がありました(笑)

自然と関わるアニメの宿命なのか、やっぱり風景の作画がとても綺麗。その中で何か”イイ事”っぽい話をされたらそれでけで感動もんですよね。

基本的には可愛い女の子が山に登るってだけなんですけど、準備段階がかなりガチです。普通に山に登る心構えとか、装備選びとか参考になる内容が混ざってます。

”人はなぜ山に登るのか”みたいな哲学的な部分にも踏み込んだりします(笑)

OVAの劇場上映とか、3期も決まったみたいなので、今後も楽しみな作品です(・∀・)

http://www.yamanosusume.com/

でも、一番の魅力は大天使ここな様(天狗ともいう)

徐々に人間から天使へと変わっていく様子に目と心を奪われてください。

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

25位 のんのんびより(1,2期+OVA)

全校生徒たった5人の「旭丘分校」。 雪解けとともに芽吹き春の足音が聞こえる山里で相変わらずまったり過ごす少女たち。 山菜を採ったり、お花見したり、お魚も釣ってみちゃったり・・・。 彼女たちの新しい季節の楽しみ方に触れ、子供の頃の懐かしさを再発見できるかもしれません…。

引用元:TVアニメ『のんのんびより りぴーと』公式サイト│すと~り~

田舎の魅力満載です。田舎の不便さも笑いに変えてしまう不思議な魅力たっぷりのアニメ。

疲れた心をこれでもかとほぐしてくれます(笑)

懐かしさとか、田舎の遊びとか、自然と生きていく感じが本当になんとも言えない。

日常のちいさな喜びに気づかせてくれるそんなアニメです。

でもやってる内容がアホなのでマジメに語るのが恥ずかしい(笑)

登場人物が全員クセ者なんですよね(笑)

この作品の中でも特に異彩を放つ”こまぐるみ”関連の狂気をぜひ体感してみてください(笑)

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

24位 みなみけ(1~4期+OVA)

元気でトラブルメーカー的存在の馬鹿野郎日本代表、次女の夏奈。毒舌だが実は姉が大好きな三女の千秋。そんな妹たちを笑顔で見守るしっかりものの長女の春香を中心としたほのぼのストーリー。

彼女たちの周りには、いつも個性的な友人だちがいっぱい。時にはケンカしたり、時にはみんなでのんびりしてみたり……

そんな三姉妹たちの平凡な日常を淡々と描いた作品です。

引用元:テレビ東京・あにてれ みなみけ

個性的すぎるキャラクターたちがそれぞれの考えた通りに正直に生きた末に生まれるコメディが秀逸です(笑)

僕は内田と保坂先輩が好きです(笑)

一時期保坂先輩を尊敬するあまり、カレーの調味料を揃えて作ってみたりした時代が僕にもありました……

使い切る前に賞味期限が来たあたりがお察しくださいなんですけどね(笑)

料理は本当に好きじゃないと凝れないですね(笑)僕には無理だ。

↓僕の料理遍歴です(ダレ得だよ

https://clan-avvenire.com/tag/%E3%81%9A%E3%81%BC%E3%82%89%E9%A3%AF/

 

日常にありそうでないようなギャグを淡々と楽しみたい方にはおすすめです(笑)

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

23位 ひぐらしのなく頃に(1,2期+OVA)

昭和58年夏。

昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が
暑さの訪れの早い今年の6月を歓迎するかのように、雛見沢に木霊していた。

都会から遠く離れた山奥にある寒村、雛見沢。
人口2千に満たないこの村に、最近都会から引っ越してきた前原圭一。明るくて話上手な圭一は、学校でもすぐに周りのクラスメートと仲良くなった。一番の仲良しで世話好きなレナ、リーダー格で委員長の魅音、トラップの達人で下級生の沙都子、古手神社の娘であり、不思議な雰囲気の持ち主の梨花・・・
仲間との他愛のない日常を過ごしていた。それは、永遠に続くかに思えた。
毎年6月に行われる祭、「綿流し」。そう、その日も楽しい一日になるはずだった。

雛見沢にまつわる、ひとつの謎を知るまでは・・・。

祭りの日に、繰り返される惨劇。毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという、数年前から始まる連続怪死事件。事件の真相は?犯人は?圭一は、好奇心から村の闇へと足を踏み入れてしまう。その日を境に、圭一の周りが少しづつ、だが、確実に変わりはじめる。そう、すべてが・・・

ひぐらしのなく声だけが変わらず、雛見沢に、
少し、早めの夏を告げていた
 

1編4話ずつくらいの構成になっていて、最初は2006年くらいのアニメらしい日常ドタバタコメディって感じなんですけど、後半からは今までの話が嘘だったかのような惨劇が待ち構えています。

次の章に進むとまたドタバタが始まるんですけど、悲惨な光景を目にしたあとなので、登場人物のことが全然信じられなくて、みんなの一挙一動に注目してしまうという。。。

コメディ→惨劇→コメディ→惨劇→ を繰り返してるうちにだんだん中毒というか、目が離せなくなるんですよね(笑)

そして徐々に物語の全容がわかってくるんですけど、一番最後の「祭囃し編」の「いっちょ、ここらでデカイ花火打ち上げたりますかー!」みたいな、それまでの話を見ていたら考えられなかったような展開に思わず胸が熱くなったのは今でもハッキリ覚えてます。

ご都合主義展開ってとられるかもですが、あれはイイ。好きです。

グロ展開が平気で、ちょっと変わった刺激が欲しい人にはおすすめです(^^)

 

OVAはFateでいうカーニバルファンタズムみたいなノリのようですが、実は僕は見れてないのでわかりません^^;

コメディonlyの楽しい話っぽい?

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

22位 魔法少女まどか☆マギカ(アニメ+劇場版)

大好きな家族がいて、親友がいて、時には笑い、時には泣く、そんなどこにでもある日常。見滝原中学校に通う、普通の中学二年生・鹿目まどかも、そんな日常の中で暮らす一人。

ある日、彼女に不思議な出会いが訪れる。

この出会いは偶然なのか、必然なのか、彼女はまだ知らない。

それは、彼女の運命を変えてしまうような出会いーー

それは、新たなる魔法少女物語の始まりーー

引用元:魔法少女まどか☆マギカ│STORY

”第3話の悲劇”は有名なので、見たことない人でもなんとなく知ってる方は多いと思います(笑)

可愛いデザインに反して魔法少女にまつわる凄惨な事実や運命に翻弄されていく登場人物たち。

その中で”まどか”がとった選択とはーー!!?

 

みていて痛々しい展開がたくさんあるんですけど、そこで挫けないキャラの強さがすごく響いてくるアニメでもありました。まぁ複雑です^^;

それにアニメ、劇場版を通してほむらが本当にね・・・

Blu-ray収録のAnother verが本当にえげつないんですよね(笑)

その辺りもチェックできるとより楽しめます(笑)

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

21位 キルラキル

父の死の謎”片太刀バサミの女”を追い求め、
本能字学園に転校した流浪の女子高生・纏流子。

本能字学園には着た者に特殊な能力を授ける『極制服』があり、
その力と絶対的な恐怖によって生徒会会長・鬼龍院皐月が学園を支配していた。

”片太刀バサミ”を知るという皐月。
流子は皐月にその事を聞き出そうとするが…。

その出会いは、偶然か、必然か。
学園に巻き起こる波乱は、やがて全てを巻き込んでいく!

引用元:TVアニメ『キルラキル』オフィシャルサイト│INTORODUCTION

『天元突破グレンラガン』の”今石洋之×中島かずき”タッグの再来!ということで放送前から期待が高かったみたいですが、僕は当時グレンラガン見たことなかったので全然毛色というか、作風をわかってませんでした^^;

初見での感想は「ウザいくらい暑苦しい!だが、それがいい!!」でした(笑)

圧倒的な圧力と速度でどんどん引き込んでいってくれるんですよね。一瞬で纏流子のファンになりました(笑)姐さんって呼びたい(笑)

ストーリー自体はノリと勢いを大切にしつつ、しっかり練り上げられてるので余計なことを考えずにその世界観に浸ることができます。

変身するシーンも、まさにヒーロー物っぽくかっこよく決めてくれますしね!序盤中盤終盤と隙がない構成!笑

ひたすらアツくてカッコイイアニメを見たい方にはおすすめです!

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

20位 月がきれい

茜と小太郎。中3で初めて同じクラスになり、出会った2人。
クラスメイト、部活仲間、教師、親…周囲との関わり、自分の成長。
変化と不安に追いかけられながら慌ただしく駆け抜ける季節の中で、
瑞々しくもめくるめく、思春期の恋。

引用元:TOKYO MX アニメ│月がきれい

2017年の春アニメの中でのダークホースとして名高いこのアニメ。

”非日常”や、”日常ではめったに起きない運命めいたこと”こういうものを完全に抜きにして、純粋に等身大の青春ラブストーリーを描いています。

見る人によっては「アニメでやる必要あるの?」っていうツッコミを入れたくなるくらいに日常なんですよね。

でも絵の雰囲気というかシーンの見せ方、音響の使い方や、間の取り方など、アニメだったからこそ引き立った部分があったのではないかなぁ?となんとなく思います。

1話ずつ着実に積み上げていったからこその、最終回のEDの演出が泣けるんですよ(;∀;)

青春の恋を味わいたい人にはおすすめです。

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

19位 この素晴らしい世界に祝福を(1,2期+OVA)

ゲームをこよなく愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)の人生は、
交通事故(!?)によりあっけなく幕を閉じた……はずだった。
だが、目を覚ますと女神を名乗る美少女・アクアは告げる。

「ねぇ、ちょっといい話があるんだけど。異世界に行かない?
1つだけあなたの好きなものを持って行っていいわよ」

「……じゃあ、あんたで」

RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!
……と舞い上がったのも束の間、異世界に転生したカズマの目下緊急の難問は、
なんと生活費の工面だった!

さらに、トラブルメーカーの駄女神・アクア、
中二病をこじらせた魔法使い・めぐみん、
妄想ノンストップな女騎士・ダクネスという、
能力だけは高いのにとんでもなく残念な3人とパーティを組むことになって、カズマの受難は続く。
そして、そんなある日、カズマ達パーティはついに魔王軍に目をつけられてしまい―――!?

平凡な冒険者・カズマが過ごす異世界ライフの明日はどっち!?

引用元:アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!2』公式サイト│作品紹介

クズな主人公カズマと3バカヒロインのやり取りがありえんくらい面白いです(笑)

本当に全員が全員人の足を引っ張ることしかできない(笑)

そのクセ活躍するところはちゃんと活躍するんですよね(笑)

基本どこかしら頭がおかしいというか、クズなキャラしかいないので、言葉など不要ですw


皮算用で金持ちになった気分を満喫する女神様w

純粋に見て、純粋に楽しめばいいというアニメです(笑)

久しぶりに見返しても笑えるのでほんと素晴らしい(笑)

惜しむらくは10話ずつくらいしかないところですね。ストーリーの展開上仕方ないのかもですが、もっと見てたかった。

3期が待ち遠しい!!

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

18位 リトルウィッチアカデミア

幼い頃に
シャイニィシャリオの魔法ショーを見て魔女になることを夢見たアッコはシャリオと同じ伝統ある魔女育成名門校「ルーナノヴァ魔法学校」に入学する。

新しい町、新たに始まる学校生活、そして新たに出会う友達。

魔女学校の中でほうきの飛行授業や魔法にまつわる不思議な授業など、
魔女学校ならではの授業の中でアッコやロッテ、スーシィたちが

大騒動を巻き起こす!

ルーナノヴァを巻き込んだアッコの魔女への第一歩が今から始まるーー

引用元:TVアニメ『リトルウィッチアカデミア』公式サイト│Story

憧れの魔女のようになりたいと一生懸命に頑張るアッコ。

こういうアニメにありがちな展開ですけど、アッコには全くと言っていいほど魔法のセンスがなく、どの授業をやらせても失敗ばかり続いてしまいます。

ですが、ここぞというときにアルクトゥルスの森で拾った「シャイニィロッド」が光を放ち、アッコにとてつもない魔法を使わせるッ!

憧れのシャイニィシャリオが昔使っていた”シャイニィロッド”に選ばれたアッコは、周りから力をもらいながら、ひとつずつロッドに込められた力を開放させていきます。

それが”シャイニィシャリオに会ってお礼を言いたい”というアッコが魔女を志すようになってからのずっと持っていた願いにも繋がっている気がするから。

しかし、その先でアッコは、とある”真実”と向き合うことになるのでした。

それがまた、どうしてそういうことになるの!ってねぇぇ・・・^^;

グレンラガンとかキルラキルみたいなノリと勢いを大切にする文化を踏襲しつつ、アッコの成長をしっかり描いている力作です!!

25話ありますけど僕は録画してたのを2~3日で見切っちゃいました(笑)

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

17位 暗殺教室(1,2期+劇場版)

ある日突然、爆発して七割方蒸発した。
その犯人と称し、しかも来年三月には地球をも爆破するという超生物がやってきたのは、
何故か中学校の教室。なんとここで教師をするというのだ。
人知を超えた能力を持ち、軍隊でも殺せないその怪物の暗殺を、各国首脳はやむをえず
そのクラス…椚ヶ丘中学校3年E組の生徒に委ねる事になる。

突如現れたとても奇妙な担任教師によって1学期の授業は始まった。
落ちこぼれクラス「エンドのE組」と呼ばれた生徒たちは、
暗殺教室というかつて経験したことのない特別授業や様々な試練を通じて、
新たな仲間と絆、そして少しずつ自分たちに自信を持っていく。
そして、1学期が終了し迎えた夏休みもいよいよ最後の日を迎えた。

新たに始まる2学期、3−E組の生徒たちは、期限の卒業までに、
担任教師である「殺せんせー」暗殺ミッションを成功させることができるのか…!?

引用元:TVアニメ「暗殺教室」公式サイト│INTORODUCTION

殺せんせーが回を重ねるごとに「最高の先生」にしか見えないという・・・。

殺せんせーは通常の授業はもちろんですが、”暗殺”を通しても生徒たちに心の在り方や、これから先生きていくのに必要な強さや個々の武器となるものを教えてくれるんですよね(;∀;)

それでも「来年の3月には地球を爆破する」って言うので、生徒たちを生かしたいのか殺したいのかわからなくなってきます^^;

途中からは外部の介入もあったりして、生徒たちも巻き込まれて様々なピンチに直面するのですが、殺せんせーからの教えが活きてくる(;∀;)

そして、殺せんせーの秘密が明らかになり、卒業も間近に控えた頃、今までとは比較にならないほどの事件が起こるのですーーー

”暗殺が紡いだ絆”っていう、一見歪なようですが、強固で美しいものが見れます。

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

16位 夏目友人帳(1~6期+OVA)

心優しき友人たちとの、大切な日々──
美しく儚き、人と妖の物語。

<あらすじ>
小さい頃から妖怪を見ることができた少年・夏目貴志は、祖母レイコの遺産「友人帳」を受け継ぎ、自称用心棒のニャンコ先生と共に、そこに名を縛られた妖怪たちに名を返す日々を送る。
妖と、そこに関わる人との触れ合いを通して、自分の進むべき道を模索し始めた夏目は、想いを共有できる友人たちにも助けられながら、大切な日々を守るすべを見つけていこうとする。

引用元:アニメ 夏目友人帳 公式サイト│作品概要

6期+OVAだと!? 書いてみるとビックリするくらい多いですね^^;

順番としては1~3期、OVA、4~6期の順番ですね。

僕が夏目友人帳を見始めたのは5期が始まる前からでした(笑)夏目友人帳の存在を知ったころにはすでに3期とかになっていて、「面白いらしいけど、追いかける気力がないしもういいや」って思ってました。

でも、どんどん新しいのが始まっていくので、これはやっぱり頑張って見てみようかなと思い、試しに1期をレンタルしたのが始まりだったんですけど、1話完結の「イイ話だなぁ・・・」展開がすごく多くて、見ていて疲れないというか、心地よくスッキリ終われるんですよね。妖怪も悪いやつばっかりじゃない。

気が付いたら6期まで見終わってました(笑)

妙齢の塔子さんが異常なまでにカワイイのと、あとは多軌が可愛すぎて癒しなのが見どころですね(笑)

サトリナさんの声が好きすぎて自分やばいっす(笑)ってことに気づいたアニメです。どうでもいいことですけど(笑)

にゃんこ先生もよくみたらブサイクなんですけど、カワイイんですよね(笑)

先生と斑が同じ声優なのが最初信じられませんでした(笑)

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

15位 Fate/Zero

これは始まりゼ ロに至る物語―――

 

奇跡を叶える『聖杯』の力を追い求め、七人の 魔術師マスターが七人の英霊サーヴァントを召喚し、最後の一人になるまで戦いを繰り広げる究極の決闘劇……聖杯戦争。

三度みたび、決着を先送りにされたその闘争に、今また4度目の火蓋が切って落とされる。
それぞれに勝利への悲願を託し、冬木と呼ばれる戦場へと馳せ参じる魔術師たち。だがその中でただ独り、己の戦いに意味を見出せない男がいた。
彼の名は――言峰綺礼。
運命の導きを解せぬまま、綺礼は迷い、問い続ける。なぜ令呪がこの自分に授けられたのか、と。だが戦いの運命は、やがて綺礼を一人の宿敵と巡り合わせることになる。
それが――衛宮切嗣。
誰よりも苛烈に、誰よりも容赦なく、奇跡の聖杯を求め欲する男だった。

大人気ゲーム『Fate/stay night』では断片的に語られるのみだった、10年前に起こった「第四次聖杯戦争」の真実。士郎の養父が、凛の父が、そして若き日の言峰綺礼が繰り広げた戦いの真相が、いま明らかになる!

引用元:Fate/Zero アニメ公式サイト│Introduction

おっさんたちがとにかくカッコイイアニメです。

サーヴァント戦並みに盛り上がる闘いをする人間がいたとは・・・w

世界平和のために立ち、己の正義を突き詰めていく切嗣。

でも、その姿はどうしようもないくらい”悪”なんですよね。ド外道の衛宮ァです。

悲願のために多くのものを犠牲にした男が聖杯戦争の果てに見たものは・・・

 

Fateは原作未プレイで僕自身にわかなのでそこまで深く知らないところではありますが、一応Zeroはstay nightに続いていきそうなシナリオとなっているのですが、完全には繋がらないといいますか、これはこれ単体の作品として見るのがよいと言われています。

なので、stay nightと比較して考察しすぎてもあんまり意味がありません。

何が言いたいのかと言うと、他のFate作品観てなくても楽しめる作品だということです(笑)

いや、でも、めちゃくちゃ面白いので他2つもおススメです!

UBWは劇場版と、ufotableが手掛けたアニメがあるんですけど、劇場版の方はある程度設定知ってないと最初意味不明になってしまうので、アニメの方をおススメします。

http://www.fate-sn.com/ubw/

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

14位 天元突破グレンラガン(アニメ+OVA+劇場版(総集編)

遥かな未来。

人々は地中に穴を掘って家を造り家畜を飼い、
時折起きる地震と落盤に怯えながら何百年も息を潜めるように暮らしてきた。

そんな村の一つ・ジーハ。

村を広げるための穴掘りをしていた少年・シモンは、
ある日、掘り進んだ先で偶然、不思議に光る小さなドリルを見つける。
そして、シモンの兄貴分である青年・カミナ。
彼は、村の上には「地上」があることを信じ、
グレン団というチンピラグループを率いて天井を突き破って外へ出ようと目論んでいた。

そんなある日、地震と共に村の天井が崩れ巨大なロボットが落ちてくる!

カミナは確信する「やっぱり地上はあった!」
そして、無謀にも村で暴れるロボットに立ち向かおうとする。
その時、更に地上から何かがやって来た。
それは、巨大なライフルを持った少女・ヨーコだった。
彼女は、ロボットを地上から追って来たのだ。
しかし、ライフルの威力では、倒すどころか足止めをするのが精一杯。
そんなピンチの中、シモンは、以前、地中から掘り出したモノを
カミナとヨーコに見せる。

それは、顔だけの謎のロボットだった…。

引用元:天元突破グレンラガン│ストーリー

ひたすら”男臭い”というか、男なら一度は憧れたかっこよさってのがこのアニメには詰まってます。

見ていて、かっこよすぎて泣いたのは初めてかもしれない(笑)

想いの強さが新たな力を開花させ、新たな道を切り開く!的な展開なんですけど、本当にかっこいい(笑)

ノリと勢いを大切にしている作風なのでテンポが良くて見やすいですし、あとやっぱりかっこいいんですよね(笑)

シモンがどんどん強く逞しくなっていく姿には嬉しかったり切なかったり…(;∀;)

 

こんなに書いてるんですけど、僕劇場版しか見たことないという・・・^^;

でも、これはいつか絶対アニメ版も見る。本当に面白いアニメです。

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

13位 四月は君の嘘(アニメ+OVA)

母の死をきっかけにピアノが弾けなくなった
元天才少年・有馬公生。

モノクロームだった彼の日常は、
一人のヴァイオリニストとの出逢いから色付き始める。
傍若無人、喧嘩上等、でも
個性あふれる演奏家・宮園かをり。
少女に魅せられた公生は
自分の足で14歳の今を走り始める。

引用元:TVアニメ『四月は君の嘘』オフィシャルサイト│イントロダクション

最後が卑怯です。

でも、これはこれでよかったんだなーとも思います。

宮園かをりの魅力をたっぷり感じながら、公生がその影響を受けて変わって行く様子とか、甘酸っぱいような青春の煌きをこれでもかと堪能してください(^^)

そうすればそうするほど、この作品を深く味わえると思います!

ハンカチかティッシュはお忘れなく!

 

あ、あと演奏の表現!作画かなり力入ってるんで見どころだと思います。

音楽は言わずもがなです。サントラ売れたでしょうね(笑)

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

12位 氷菓(アニメ+OVA)

省エネを信条とする高校一年生、折来奉太郎は、
ひょんなことから廃部寸前のクラブ「古典部」に入部することに。
「古典部」で出会った好奇心旺盛なヒロイン、千反田える、中学からの腐れ縁、
伊原摩耶花と福部里志。
彼ら4人が神山高校を舞台に、数々の事件を推理していく青春学園ミステリ。
「わたし、気になります!」
奉太郎の安穏とした灰色の高校生活が、この一言で一変してしまった!!

引用元:TVアニメ「氷菓」オフィシャルサイト│ストーリー

京アニの雰囲気作りの巧さが出たアニメだと思うんですよね。

日常のちょっとした謎を解き明かしていくんですけど、そのロジックがすごく面白くて単純に引き込まれるってのもあるんですけど、絵の見せ方、間の取り方、音楽、演技、全部がうまくハマってるというか相乗効果みたいな?笑


1話のここで僕はもうハマりました(笑)

基本、奉太郎の1人称で進むので奉太郎の気持ちの変化がすごく伝わってきます。

人が死んだり、犯罪が起こったりするわけでもないですし、謎自体もそんなに大袈裟なものはないので、ミステリーが苦手な人にも楽しめます。見終わったあとに疲れるってこともないです(笑)

でも内容はしっかりしてるので「アニメ自体見ないしドラマの方が好き」って方にもおすすめです。

まぁ実際、実写映画化もされてますしね^^;

http://hyouka-movie.jp/

 

僕は「氷菓」にハマりすぎて、聖地巡礼もしてきました!笑

写真大量に撮ったので、またいつかブログに上げようと思います。

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

11位 瀬戸の花嫁(アニメ+OVA)

人間と人魚の美しき?恋物語??

瀬戸内の祖母の実家に遊びに行った
満潮永澄(みちしおながすみ)は、
海水浴中に溺れた所を人魚の少女である
瀬戸燦(せとさん)に救助され、
その一件がきっかけで燦と結婚することになる。
(人魚界の掟で、人魚の姿を見られた人間を殺すか、
自らの命を絶たなければならない。
回避する最終手段は人魚と身内になる方法のみ。)

これに猛反対する父・豪三郎(ごうざぶろう)や、
燦の護衛役の巻き貝・巻(まき)に、
その配下の組員たちから命を狙われる羽目に。
実は豪三郎は人魚族の極道集団で
瀬戸内魚類連合「瀬戸内組」の組長であった。

引用元:テレビ東京・あにてれ 瀬戸の花嫁│ストーリー

友人から勧められて結構最近見たんですけど、めちゃくちゃ面白かったです(笑)

キャラが全員ハチャメチャすぎて魅力しかない(笑)

たくさん心に残るシーンができると思います!

”任侠と書いて、人魚と読むきん!!”と啖呵をきる燦ちゃんとか毎回マジかっこいいですし、


マダムキラーの政さんのダンディズムには男と言えど惚れてしまうでしょう(笑)


ラァリッホ~ラァリッホ~ラリラリラァリッホ~(笑)

でも、ギャグばっかりかと思いきや、極道もんなのでやっぱりキッチリしめるところはしめてくれます。

まさかこのアニメで泣けるとは見始めたときは露ほども思ってませんでした(笑)

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

10位 とらドラ!(アニメ+OVA)

超弩級のドタバタ学園ラブコメ!
凶暴!わがまま!…だけどドジ。
ヒロインは手乗りタイガー!?

生まれつきの鋭い目つきが災いして、まわりには不良と勘違いされている不憫な高校2年生・高須竜児は、高校2年に進級した春、新しいクラスで1人の少女に出会う。
彼女は、超ミニマムサイズな身長の美少女でありながら、ワガママで短期・暴れ始めたら誰にも手が付けられない通称”手乗りタイガー”と呼ばれる逢坂大河であった。

そして放課後、竜児は誰もいない教室に1人残っていた”手乗りタイガー”のある一面を知ってしまう…。

竜虎相打つ恋の共同戦線、超弩級のハイテンション学園ラブコメディーここに始まる!

引用元:とらドラ!│INTRODUCTION

くぁああぁああ!!!!大河かわえぇぇええ!!

ととりあえず言っておきます(笑)

 

公式では「超弩級ハイテンション学園ラブコメ」って言ってますけど、果たしてそうだろうか(笑)

確かにハイテンションですし、ラブコメ要素もあるんですけど、後半かなりシリアス調なんですよね。

みんな本気で想いをぶつけあって、その中で自分なりの答えを見つけたり、友達に影響を与えたり、影響されたりしながら、『自分の本当の気持ちに気づいていく』っていうかなりドラマチックな展開になっていきます。

恋愛だけじゃなく親子関係とかねぇ…。

なので、正直見る人によって好みは分かれるんじゃないかとは思います。

でも、歪な関係から徐々に信頼関係を築いていく様子とか、ハイテンションで笑いを持っていく感じとか、キャラ個々の魅力とかすんごい見応えありますし、クライマックスの大河の可愛さときたら…ッ!ええ、ええ!それだけでご飯が食べれます!

 

あと、個人的に「廊下でころんだら鼻血がでるけど、人生で転んだら涙がでるんだ」みたいなセリフがなんか今でも刺さってます(笑)

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

9位 AIR(アニメ+劇場版)

その町には夏が訪れていた。

人形を操るひとりの青年。
その周りには子供がふたりだけ。
観客の興味を引くには、青年の芸は退屈すぎた。

子供たちは興味を失い、その場を走り去った。

青年は旅のひと。

彼の道連れはふたつ。
手を触れずとも歩き出す、古ぼけた人形。
「力」を持つ者に課せられた、はるか遠い約束。

そんな彼に、話しかけるひとりの少女。
人なつっこく、無邪気に笑う。

彼女との出会いをきっかけに、
この土地での暮らしが始まる。

夏の情景に包まれて、穏やかに流れる日々。
陽射しの中で繰り返される、少女たちとの出会い。

夏はどこまでも続いてゆく。
青く広がる空の下で。

彼女が持つ、その大気の下で。

引用元:Key Official HomePage│AIR:ストーリー

毎年夏になったら見たくなるアニメです。

「またAIRの季節が来たか・・・」って未だに思ってます。

国歌と呼ばれている”鳥の詩”もそうですが、夏影とか青空もいいですよね(^^)

僕としては最初の霧島姉妹の話はあんまりよくわかりませんでした(笑)原作未プレイでアニメしか見てないせいだろうか…。

でも美凪とみちるの話はもう号泣でした(;_;)ナンテコッタイ

SUMMER編もなー…往人の能力の起源だったり、観鈴の見る夢について語られるわけなのですが…辛い…神奈を救うために一族で1000年以上も…(;_;)ナンテコッタイ

そして観鈴ゥゥウウウウーーーーー!!!

晴子さんの愛が深い(;_;)

 

AIRは前知識なく見た方がいろんな意味で楽しめると思います。。。

そして最後(11~12話)、涙なしには語れません(;_;)

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

8位 Re:ゼロから始める異世界生活

無力な少年が手にしたのは、
死して時間を巻き戻す”死に戻り”の力。

コンビニからの帰り道、突如として異世界へと召喚されてしまった少年、菜月昴。頼れるものなど何一つない異世界で、無力な少年が手にした唯一の力……それは死して時間を巻き戻す《死に戻り》の力だった。大切な人たちを守るため、そして確かにあったかけがえのない時間を取り戻すため、少年は絶望に抗い、過酷な運命に立ち向かっていく。

引用元:TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』オフィシャルサイト│STORY

1話の作りが秀逸過ぎます。すんごい気になる終わり方をするんですよ!

そして2話以降もどんどん目が離せなくなって、そしたらもうドップリRe:ゼロにハマってしまうこと間違いなしです。

ただ生々しい”死”というかグロいのが苦手な人にはあまりおすすめできないかもしれません。

 

主人公のスバルが手に入れた力は”死に戻り”なので、ループの発生条件は”死ぬ”というところにあります。

これは単に”不幸な結末をやり直せる”という意味ではありません。

 

”逃げられない”のです。

 

どれだけ頑張っても、報われない、結局死ぬ、ついには助けたかった人にまで見放される。

徹底的に心を痛めつけられ、いっそ死んだ方が楽なのに、”死ねない”という辛さ。

そういうところを見せてくるアニメです。

”死に戻り”については他者に話そうとすると、魔女の呪いで心臓を握りつぶされるのでスバルの置かれた状況を本当の意味で理解してくれる人もいないんです。

ですが、そんなスバルの絶望に光を与えてくれる仲間が…(;_;)

それまでの展開が凄惨すぎたので、余計に眩しくて、綺麗に見えるんですよね(;_;)

ええ、ええ!「タイトル回収お前がするんかーい!!」ってツッコミはこの際飲み込みましょう!

でも、そのシーンを見る為だけにでもRe:ゼロは見る価値があると思ってます。本気で。

OVAも楽しみですね^^

http://re-zero-anime.jp/

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

7位 昭和元禄落語心中(1,2期+OVA)

昭和落語界を舞台に描く、
人情落とし噺!

昭和最後の大名人・有楽亭八雲に、押しかけ弟子入り志願した元チンピラ・与太郎。内弟子など一切取らぬはずの八雲が、何のきまぐれか与太郎を受け入れることに……。
そこから始まる、夭逝した伝説の天才落語家・助六と、彼の影を追いながら一人落語界に残された八雲の、知られざる因縁噺とは――!?

引用元:公式サイト「昭和元禄落語心中」雲田はるこ

激動の落語界を描いた人間ドラマです。純文学っぽい。

ストーリーの展開も落語っぽいというか、因果応報、どこか運命めいたものを感じさせながら進んでいき、その現実に翻弄されたり、立ち向かっていく登場人物たち。

演出もそうなんですけど、とにかく声優さんの演技がすごすぎて、ぐっと世界に引き込まれます。見始めたらもう止まんないですね。

あと当たり前っちゃ当たり前なんですけど、ふつうに落語やってるんですよねー(笑)

山寺さんの芝浜とか思わずうるっと来ちゃいました。

あらすじっぽく省略してはあったけど、まさか芝浜が1本丸々聞けるとは思わなかった。。。

石田さんの死神の雰囲気作りとかも尋常じゃない・・・。

関さんは確か落語やってるんでしたよね?笑 ずるいっす(笑)

 

落語が好きな人はもちろん、そうでない方も見終わったあとには落語に興味が湧くような作品になってると思います!

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

6位 たまゆら(OVA+アニメ1~2期+劇場公開OVA)

沢渡楓は少し内気で写真が大好きな女の子。
父親の遺したカメラで楓が撮る写真は、
見る人を幸せな気持ちにして、心と心をつないでいきます。

高校入学を機に、瀬戸内海にある
父親との思い出の町・竹原へと引っ越してきた楓は、
幼馴染の塙かおると再会。
岡崎のりえ、桜田麻音という新しい親友もできました。

4人は高校1年、2年と一緒の時間を過ごしながら、
さまざまな経験や出会いを重ねて、
それぞれに一歩一歩、成長してきたのでした。

引用元:たまゆら~卒業写真~│ストーリー

 

少しずつ成長していく"ぽって"や、周りのみんな。

力を合わせて何かを為していく姿。

大切な青春の1ページ。

日常の中の、小さな、でも、かけがえのない幸せ。

こういうのを演出するのが佐藤監督はうまい!!

たまゆらをこの順位に据えたのは佐藤監督のやり方に惚れたということなのかもしれません(笑)

たまゆらも大好きすぎて竹原まで聖地巡礼してきました(笑)

写真もたくさん撮ったので、いつかまたブログに載せます!

 

あぁ~いつか憧憬の路の竹灯りも見に行きたいなぁ。。。

https://www.takeharakankou.jp/event/9842

そんなこんなで「たまゆら」は懐かしいような、温かい気持ちになりたい方にはおススメできるアニメです!

たまゆら hitotose → たまゆらOVA(1話と2話の間の話)→ たまゆら もあぐれっしぶ → たまゆら~卒業写真~  芽 → 響 → 憧 → 朝の順番がいいかなと思います。

世に出た順番通りだと、たまゆらOVAが一番最初ですががが。うーん、どっちでも大丈夫だと思います(笑)適当ですまない・・・

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

5位 響け!ユーフォニアム(1,2期+劇場版(総集編)

高校1年生の春。
中学時代に吹奏楽部だった黄前久美子は、
クラスメイトの加藤葉月、川島緑輝とともに吹奏楽部の見学に行く。

そこで久美子は、かつでの同級生・高坂麗奈の姿を見かける。
葉月と緑輝は吹奏楽部への入部を決めたようだったが、まだ踏み切れない久美子。
思い出すのは、中学の吹奏楽コンクールでの麗奈との出来事だった。

吹奏楽部での活動を通して見つけていく、かけがえのないものたち。
これは、本気でぶつかる少女たちの、青春の物語。

引用元:TVアニメ『響け!ユーフォニアム』公式サイト│introduction

青春!スポコン!熱血!みたいなありません。

むしろ、地道な努力とか、でもそれが報われない場面とか、上下間で微妙な確執が少し見えたりと「仲良しこよしと成功だけが部活じゃないよなぁ」っていう部分が垣間見えます。

大会に向けての部内オーディションとかねぇ・・・。言わば勝負の世界ですもんね。

でも、いざ大会本番を前にすると、思うところはあってもだんだんと息があってくる感じとかが、よりリアルさを引き立てているような。

 


ポニテが最強の主人公・久美子

久美子自体は、基本無気力系なんですけど、同級生の部活メンバーや先輩たちや新任の顧問の先生の影響を受けて徐々にインターハイ出場を意識するようになっていきます。

多分、一番は麗奈との再会でしょうね。

てか、1期の8話は魅了されたわー。僕も命を落としてもいいと思いました。

そんで2期はまさかあの人が最後にあそこまで重要なポストに来るとは思ってなかったなー。

もし自分に、ああいう人がいたら一生忘れないわ。

2クールですごく綺麗に纏めてくれます!

 

4月に公開したやつと、今公開してるやつは1期と2期の総集編ですね。

http://anime-eupho.com/

でも来年の4月に完全新作エピソードの劇場公開が決まっているとか!しかも2部構成ッ!!

これは気になる・・・ッ!

http://liz-bluebird.com/

雰囲気違い過ぎて笑う。

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

4位 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(アニメ+劇場版)

昔は仲良しだった幼馴染たち。

でも、高校生になった彼らの距離はいつの間にか離れてしまっていた。

ヒキコモリぎみの主人公”じんたん”。
ギャル友達に流され気味の”あなる”。
進学校に通う”ゆきあつ”と”つるこ”。
高校に進学せず旅を重ねる”ぽっぽ”。
そして、仲良しだった小学生の頃から、
それぞれが変わっていく中で変わらない少女”めんま”。

ある日、”お願いを叶えて欲しい”とじんたんにお願いをするめんま。
困りながらも”めんまのお願い”を探るじんたん。

そのめんまの願い事がきっかけとなり、
それぞれの領域でそれぞれの生活を送っていた幼馴染達は
再びかつてのように集まりはじめる。

引用元:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。アニメ公式サイト│イントロダクション

語るまでもなく名作と名高い”あの花”です。

当時は秩父がエライ事になってましたね(笑)

未だにコスプレして聖地巡礼してる人たまに見かけますし。

僕もコスプレはしてないまでも、年に1~2回は未だに秩父に行っています(笑)

秩父夜祭という素晴らしい祭があってだな・・・っとそれは別のブログの方で紹介してますので、よければご参照ください(笑)

内部リンク


超平和バスターズ。じんたんがリーダーで、街の平和を守ってました

みんなが変わって行く中で、めんまだけ唯一変わらないのは、めんまは小学生の時、事故で死んでしまったから。

みんなの距離が離れてしまったのも、みんなそれぞれめんまのことが大好きであるゆえのこと。

 

しかし、”お願いを叶えてほしい”とじんたんの前に現れためんまの姿はなぜか当時のままではなく、成長していました。そしてじんたん以外にはめんまの姿は見えない。

最初は”夏の獣”なんて言ってましたけど、やっぱり無視できないじんたんはめんまに協力することになります。

でも肝心の”お願い”の内容を忘れたと言うめんま。

ただひとつだけ”お願い”について覚えていること、それは”みんなじゃないとできないことだった気がする!”ということでした。

メンバーを集めるだけでも大変だったのに、それぞれがじんたんへの疑念抱えてたり、めんまに対しての想いを隠していたりで空気が痛いんですよね(;_;)

そして、わざわざじんたんの前に現れてまで叶えたかっためんまの”お願い”とは・・・

『えーーーー!!!?それですかーーーー!!?(;_;)』

『そ、そのために、、、帰って、きたんですか・・・???』

『め、めめ、、めんゔぁぁあああぁぁあ(;_;)』

ってなります(笑)衝撃で思考が停止した(笑)

11話。たった1話でよくあそこまで切り返して綺麗に終わらせたなと思います(;;)

これが名作と呼ばれる所以か。

 

劇場版は総集編+追加シーンです。

本編から1年後、超平和バスターズのみんなそれぞれめんまへの手紙を書いて集まろうって話です。手紙をどうするかは観て確認してみてください。

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

3位 SHIROBAKO(アニメ+OVA)

シロバコとは映像業界で使われる白い箱に入ったビデオテープの事でありひとつの作品が完成した際に、製作者が最初に手にする事が出来る成果物である。イラストや写真等で華やかに作られている販売用パッケージと比べれば、白い箱に入っただけのテープは地味かもしれない。しかし、そこにはクリエイター達の想いが詰まっている。

この物語は、5人の夢追う女の子を中心に、
シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品である。

そして、5人が共に目指した夢への挑戦。
その先に見出す希望へと続くサクセスストーリー。

そう、アニメの今がここにある・・・

引用元:TVアニメ「SHIROBAKO」公式サイト│ストーリー

「働く女の子シリーズ第2弾」です!

いろはもよかったんですけど、僕はSHIROBAKOの方が好きです。

登場人物が多すぎて、最初の方は人物紹介と仕事の役割紹介が主になってしまい、見ていて疲れる可能性はあります。作ってる方もわかってくださっているのか、しばらくテロップで名前を出してくれるという親切設計(笑)

作風については、

P.A.WORKS代表の堀川憲司は、本作のバランスついて「『SHIROBAKO』は、「あるある」50%、「こんなんだったらいいな」20%、「ネーヨ!」10%、「え(゜_゜;)」10%で構成されています。あと10%は?」と発言しており、描きたいこととして、「様々なセクション間の横の繋がりと、ベテランと中堅と新人の縦の繋がり。それらの関係を持って目的を共有することと技術を継承すること。」を挙げている。また、「先人が成し得たことと、これから若手が発展させること。その中継ぎ的な役割として、今の彼らを記録しておくこと」を物語にこめたと語っている。

引用元:Wikipedia│SHIROBAKO

とのことで、見ていて生々しいというかリアリティあるなぁと思ってたんですけど、作り方としてもやっぱりその辺は意識されていたようです。

キャラが多い分それぞれの深みが出てくるのが後半の方になってくるのは仕方ないのかなーと思うんですけど、もしそれで途中で切っちゃった人がいたら勿体ないなーと思います。

 

クリエイターたちがどういう想いを込めてシーン1つ1つを、いや、もっと細かいところまで作り上げているのか・・・!?

その職業を目指して新人になった人たちがどういう思いで食らいついているのか、どんな挫折を味わっているのか、そんな中でもこの仕事を続けるのはなぜか・・・!?

そして、端緒でそっと手を差し出してくれる先輩の暖かさ、厳しさ。

待ってくれない現実をどう受け止め、どういう選択をしていくのか。そしてその選択に責任を持つことはできるか。みたいなね・・・

 

本当に深いところの人間ドラマがあるので、目が離せないんですよね。

ずかちゃんファンはなかなかに辛い思いをしますよね(;_;)

だからこその最後があるわけですが。

決して単純なサクセスストーリーではなく、それぞれ必死になって頑張った結果があれだっただけですからね。正直「まだまだこれから!」って感じです。

ともかく、笑えるし、泣けるし、感動できるアニメです。


杉江さんていう、このじいさんに注目してください。特に後半。

このじいさん、名言しか言いません。

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

2位 ARIA(1~3期+OVA+劇場版)

惑星改造によって生まれ変わった水の星「アクア」。

その観光都市ネオ・ヴェネツィアを舞台に、

ウンディーネ(水先案内人)を夢みてマンホーム(地球)からやってきた15歳の少女、

水無灯里を主人公に優しくてちょっぴり切ない物語が広がります。

引用元:TVアニメーション「ARIA The ANIMATION」公式サイト│STORY

”未来系ヒーリングアニメーション”としてその名をとどろかせているARIAです。

最初はただ、カワイイ女の子たちがゆるーくゴンドラ漕いでるだけかなー。お茶したり、ちょっとしたトラブルがありつつも穏やかに時が過ぎていく、所謂日常系かなー?なんて思っていました。

まぁそのイメージは当たってる部分もあるんですけど、大きく覆されることになりました。

 

”ARIAは人生をより良く生きるための教科書”

割と本気でそう思ってます。だいたい1話につき1つは格言やらイイ話があります。素敵パワー全開の灯里が気づいたりとか、水の三大妖精たる先輩方やグランマ、街の人々や自然が教えてくれたりと様々です。

やっぱり三大妖精とグランマの発言は重いというか、ハッとさせられますね。

自分にも当てはまる部分がたくさんあって、参考にしたいと思える言葉が本当にたくさんありました。

あと、忘れてはならないのが、ウンディーネという仕事は、この世界では”アイドル”みたいなもので、お客さんを一人で乗せることができる”プリマ(一人前)”の称号を手にするためには昇級試験に受からなければなりません。そしてそれは必ずしも全員が合格できるわけではないのです。

 

1期の段階ではメインの3人は、灯里(シングル※半人前)藍華(シングル)アリス(ペア※見習い)という状態でした。(※ペア → シングル → プリマの順番で昇格します)

それぞれ所属している会社も違うけど、ひょんなことから3人は合同練習するようになるのですが、3人それぞれ得意分野とか個性が違うので、そこが焦りや葛藤のタネになる。

そこを支えてくれる先輩たちの大きさとか、3人の絆の深さが・・・(;∀;)

 

2期の後半からプリマ昇格に向けて、その辺の話が色濃く出てくるのですが、、、3期は1話からもうほぼずーっと感動しっぱなしです(;∀;)

夢のために頑張るということがとても美しいものだと思わせてくれます。

ARIA。マジ神アニメ。

 

そして、劇場版は総集編ではありません。

完全未公開だったストーリー2編と新作1編の3編構成です。

川上とも子さんと河井英里さんの見せ場を作った上で、あの完成度に仕上げたのは本当に素晴らしいの一言でした(;∀;)

是非一度は観ていただきたい作品です。

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

1位 CLANNAD(1,2期+劇場版)

進学校に通う高校3年生の岡崎朋也は、無気力な毎日を送っている。毎日同じことの繰り返し。
周りのみんなのように学生生活を楽しむこともできず、毎日遅刻ばかり。そのためか、校内では浮いた存在になっていた。ある日、朋也は学校まで続く坂道の下で、一人の少女と出会う。

引用元:CLANNAD 公式ホームページ│ストーリー

やっぱり1位はCLANNADです。僕がアニメを見るきっかけになった作品であり、今でも一番心に響いている作品です。

ストーリーも音楽も最高です。聖地巡礼もしまくりました。

”CLANNADは人生”という言葉がありますが、まさにその通り。

登場人物の人生を描いています。あと友情、絆、家族の絆!

 

モノクロだった朋也の日常に色をもたらした少女、”古河渚”

渚をきっかけとして閉塞的だった朋也の毎日は徐々にバカだけど賑やかなものに塗り替えられていきます。

そうして出逢い、直面する友人たちの問題。

朋也たちにできることなんて限られてるんですけど、出来る限りの手助けをする朋也たちの姿には胸を打たれます(;∀;)

率先して行動できていた朋也だったからこそ、朋也自身の問題に直面したとき、周りのみんなはあれだけ気にかけてくれたんだなぁと。。。

渚のときもそうですけどね(;_;)

見る人によって感想は違うと思います。特に最後。

でもどこかしら必ず心に響く、心に動く場面があると思います。

未視聴の方は是非どうぞ!笑

 

《目次へ戻る》

《ランクイン作品一覧へ》

最近見たお気に入り作品

ランキングとは別で最近見たなかで感動した作品をここに挙げていきたいと思います!

 

Re:CREATORS

人は、その手で多くの物語を想像してきた。

喜び、悲しみ、怒り、感動。
物語は人々の感情を揺れ動かし、魅了する。

しかし、それは傍観者としての感想にすぎない。

もしも、物語の登場人物たちに”意思”があるとしたら、
彼らにとって、物語を産みだした我々は神の存在なのだろうか?

ーー我らの世界に変革を。
ーー神々の地に制裁を。

「Re:CREATORS」

誰もが皆、《創造主》になる。

引用元:STORY│Re:CREATORS(レクリエイターズ)

物語世界から飛び出してきたキャラクターが現実世界でドンパチやっていくんですけど、それぞれのキャラに秘められた想いとか、キャラクターたちを産みだした創造主(クリエイター)たちの想いが紡いでいく展開が超熱い(;∀;)

良いもの見せてもらいましたわ。

 

サクラクエスト

主人公、木春由乃(こはるよしの)は、
田舎から上京し、短大の卒業を間近に控えた、いわゆる普通の20歳の女の子。

東京には何でもあって、きっと特別な何かになれるのではないかと夢みて、30社以上の面接を受けるも、未だに内定はない。銀行の残高は980円。

このままでは、田舎に帰って普通のおばさんになってしまう・・・と葛藤していたそんなある日、以前、一度だけ働いたことがある派遣事務所から、「地域
の町おこしの一環で国王をやってほしい」との依頼がある。

よくわからないが軽い気持ちで依頼先の間野山市に向かうことにした。一時的に日本中でブームになるも、バブル崩壊に合わせて今ではほとんど見ることの無くなったミニ独立国。間野山市は、今なおミニ独立国を続けている、廃れた残念観光地だった。
そんなこんなで、由乃の”普通じゃない”お仕事生活がはじまった。

引用元:STORY│TVアニメ「サクラクエスト」公式

働く女の子シリーズ第3弾です!このシリーズは名作しかないですね。

町おこしを通じて成長していく登場人物たちに感動しました。最後の展開とかも好きだったなァ・・・(´∀`)

 

《目次へ戻る》

総括

以上、私的ではありますが、おススメアニメランキング50でした!

こうして振り返ってみると、自分も結構アニメ見てたんだなーって思います(笑)

でもまだまだ見れてない名作やらがたくさんあるので、少しずつ見ていきたい!

読んでくださった方でおススメがあれば是非教えていただければ幸いです(^^)

 

そうそう、ランキングに関して言えば、本当は『コードギアス 反逆のルルーシュ』『STEINS;GATE』を入れたかったんですけど、観たのがずいぶん前だったせいか全然内容を思い出すことができなかったんですよね・・・・。

思い出そうと頑張ってはみたんですけど、やっぱり「こりゃ語れないないな。嘘になる」と思ったので泣く泣く省きました^^;

でも面白かったのは間違いないです。ランキングに載せるアニメ候補を列挙するときもかなり最初に出てきましたし!またいつか見直さなければ!

記憶力ってのはなかなかに残酷なものですね(- -;)

あと、ガンダムUCも載せようか迷いました。よくよく考えてみればTVアニメ版で放送されてましたし問題なかったよなー。今後検討しよう。

 

趣味趣向が入ってるので長文駄文でしたが、ほんの一部でも読んでくださった方、本当にありがとうございました(^^)

 

《目次へ戻る》

他のおススメまとめ記事もよろしくおねがいします。

アニメの他にもおすすめ記事を書いています♪

内部リンク
 
 

 

《目次へ戻る》

時間がない人へ!ランクイン作品一覧

 

《目次へ戻る》

 

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事